鳴滝の住居: carve.建築設計が手掛けたリビングです。

旗竿地に建つ吹抜けのある住宅

JUTO JUTO
Loading admin actions …

京都という街は何かと建築規制が多いのですが、今回紹介するのは4方宅地に囲まれた旗竿敷地といったさらに厳しい条件下において建てられた住宅です。周囲への日照に配慮しながらも快適な住環境をどう実現するかが課題でした。CARVE.の様々なアイデアが詰まった吹抜けのある家、さっそく見てましょう。

旗竿地での建物の配置の仕方

鳴滝の住居: carve.建築設計が手掛けた家です。
carve.建築設計

鳴滝の住居

carve.建築設計

前面道路に繋がる旗竿部分から敷地を見たところです。細いアプローチと同幅分建物を北隣地線からセットバックしており、結果すっきりとした佇まいが生まれました。無駄な余白になりがちな建物周囲は空間活用度がアップしそうなウッドデッキが敷かれています。

吹抜けを持つLDK空間

鳴滝の住居: carve.建築設計が手掛けたキッチンです。
carve.建築設計

鳴滝の住居

carve.建築設計

建物南側は隣地への日照配慮のため2階部分を半階低くしています。そのため吹抜けとしたリビングダイニングキッチンの天井は高く、開放的で風通しの良いワンルームタイプの生活空間となりました。コンクリートのような仕上がりの床タイルと真っ白なインテリアがクールでモダンな雰囲気を出していますね。

密集地でも風が通り抜ける気持ちの良い住宅が可能

鳴滝の住居: carve.建築設計が手掛けた窓です。
carve.建築設計

鳴滝の住居

carve.建築設計

唯一景色の抜けている敷地東側にはテラスを設け、空間に奥行きを出しています。プライバシーの配慮から地窓や高窓を上手に取り入れ採光と換気を確保し、開閉自在の開口が空間を緩く仕切ったり繋げたりして変化を持たせた空間構成をとっています。

ブロック塀も真っ白に塗装するとお洒落に変身

鳴滝の住居: carve.建築設計が手掛けた窓です。
carve.建築設計

鳴滝の住居

carve.建築設計

通常なら閉鎖的になりがちな隣地境界線のブロック塀との隙間をあえて開放し、とことん空間利用を図っています。ウッドデッキを敷き、塀を塗装するだけでだいぶ印象が変わりますね。

オープンリビングがもたらす快適な住まい

鳴滝の住居: carve.建築設計が手掛けたベランダです。
carve.建築設計

鳴滝の住居

carve.建築設計

内外が繋がる気持ちのよい住環境を作っています。コーナーサッシを全て引き込んでしまえばご覧の通りテラスと一体化したオープンリビングに変身!

引き戸を取り入れる

鳴滝の住居: carve.建築設計が手掛けた寝室です。
carve.建築設計

鳴滝の住居

carve.建築設計

2階の個室です。ここも引き戸を採用しています。全て引き込むとギャラリーを隔てて吹き抜けと繋がります。家全体の空気が循環するような計画です。

差し掛け屋根を利用した窓を配置

鳴滝の住居: carve.建築設計が手掛けた寝室です。
carve.建築設計

鳴滝の住居

carve.建築設計

差し掛け屋根のずれに設けたハイサイド窓から注ぎ込む光によって採光を確保した北側の居室です。また温度差を利用した吹き抜けのある1階部分の重力換気も期待できる設計となっており、自然を取り込んだ住環境が充実した家と言えるでしょう。

開口部を賢く計画して空気の循環を生み出す

鳴滝の住居: carve.建築設計が手掛けた廊下 & 玄関です。
carve.建築設計

鳴滝の住居

carve.建築設計

玄関上部を見てましょう。吹き抜けによって立体的な開放性を持たせた小さな空間にも天窓からの採光や小窓を利用した換気を確保しています。心が洗われるような空に抜ける眺めが素敵ですね。

外空間と高窓で広がりのある居室を作る

鳴滝の住居: carve.建築設計が手掛けた子供部屋です。
carve.建築設計

鳴滝の住居

carve.建築設計

モダンな子ども部屋は梁構造を見せた動きのある空間にしています。高窓からの採光やバルコニーによる開放性を取り入れた快適な居室です。造り付けのすっきりとした収納は散らかりがちな子ども部屋には是非取り入れたいものです。

半透明のガラスのもたらす内外の関係性

鳴滝の住居: carve.建築設計が手掛けたリビングです。
carve.建築設計

鳴滝の住居

carve.建築設計

プライバシーを考え隣家と近接している開口は半透明ガラスとしています。外部の変化を柔らかく室内に伝えると同時に、こちら側の様子をそっと周囲環境へ伝える役割を果たしてします。密集地で閉鎖的になりがちな住宅をお互い干渉せずにいかに協調性を持たせるかは都市部での快適な住まいづくりにおける重要なテーマですね。

旗竿地でもこんなに快適な住宅が実現

鳴滝の住居: carve.建築設計が手掛けた廊下 & 玄関です。
carve.建築設計

鳴滝の住居

carve.建築設計

単に規制をクリアした物理的なハコを作ったのではなく外部環境を賢く取り入れた心地よい住まいが様々な規制への対処から築かれ、結果として心にゆとりを与えてくれるようなライフスタイルをも叶えてくれる住宅が生まれました。採光や換気、そして空間の広がりといった住むための基本条件が吹き抜けの存在によってもたらされた家です。

密集した住宅地でも開放的で気持ちの良い住宅が可能なんです。吹抜けを取り入れた住宅はいかがですか?
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!