中庭夕景: 青木昌則建築研究所が手掛けた庭です。

プライバシーと開放感の両立させる中庭

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

多くの家が建ち並ぶ住宅地。それは家を建てるには適した場所になりますが、そこでの生活が快適なものにになるとは限りません。間近に迫る隣家、周りに建つ建物は日照や風を遮ることになります。また人通りのある通りなどが近くにあれば、家の中が見られてしまう可能性もあります。そこで紹介したいのは、住宅地であってもプライバシーを気にせずに、日照や風を楽しむことができる家です。

開発が進む場所に建つ家

高基礎と左官仕上げの外壁の外観: 青木昌則建築研究所が手掛けた家です。
青木昌則建築研究所

高基礎と左官仕上げの外壁の外観

青木昌則建築研究所

今回紹介する家を手がけたのは青木昌則建築研究所。家は愛知県名古屋市の住宅地の一角に建てられました。家の敷地があるのは駐車場の横。また周辺では開発が進行しており、決して落ち着ける場所ではありません。そこで周辺環境の喧騒を気にすることなく落ち着いた暮らしが送れるように、特別な構造を持った家が考えられました。

家の中心に造られた中庭

外からはシンプルな印象を与える家ですが、中には特別な空間が作られています。それは家の中心部にある中庭です。周りを建物に囲まれており、外から見ることはできません。通常の庭であれば、家に緑をもたらすことができますが、外から見られることにもなり、そこでは落ち着きにくいでしょう。ですが、庭にいても外からの視線を気にすることなく、くつろぐことができるのです。

プライバシーを考えた家

アプローチのコンクリート片持ち階段: 青木昌則建築研究所が手掛けた家です。
青木昌則建築研究所

アプローチのコンクリート片持ち階段

青木昌則建築研究所

建てられたのは木造平屋建ての家。それは高低差のある場所になっており、家の敷地と駐車場との間には大きな段差があります。そのため平屋の建物であっても、駐車場からは2階建ての家のように見えるでしょう。建物の外観は箱型で、そこには玄関と小さな窓が取り付けられています。それ以外には何も装飾などはなくとてもシンプルな印象が感じられます。また窓が小さいため、中の様子を窺うことができず、プライバシーを考えた家であることがわかるでしょう。

明るい室内空間

家の中に広がるのは明るい空間。家は庭を囲む形で建てられているため、多くの部屋が庭に隣り合う形になります。リビングルームでは多くの木材が使われている暖かな空間になっています。そんな部屋には大きなガラス戸が設けられており、中庭からの光を取り込みます。そのため太陽の光が暖かな空間を満たし、心地よさを感じることができるでしょう。

プライバシーと開放感の両立

本住宅ではプライバシーを守ることを考えていますが、外に大きな窓を設けていなくても、家の中に明かりを取り込むことができます。通常ではプライバシーを考えると、外に対して閉じた空間となり閉塞感を感じることになります。ですが、ここでは外から見えない中庭を設けて、そこに窓を設けることで、多くの明かりを取り込むことができるのです。もちろん中庭に面する窓では外からの視線を気にする必要がなく、開放して外からの風も取り込むことができるのです。このような家であれば、住宅地に建てられても、プライバシーを気にすることなく開放感を楽しむことができ、心地よく暮らせることができるでしょう。

FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!