見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

色の役目

homify japan homify japan
Loading admin actions …

今日は商業用デザインについて書こうと思う。住宅街を歩いていると、ビビットな色の外観を持つ建物が少ないことに気が付く。中に入ると住人の個性を垣間見るようなカラフルなインテリアがあるような家でも、外壁はいたってシンプルで、中性的な色を選ぶ人が多い。これは住宅だけでなく、レストランやカフェ、オフィスでも同じだ。

もし、もっとパンチのある色を使ったらどうなるのか。

これから紹介する商業用デザインはそんなそんな質問に答えてくれる。商業用デザインでちょっぴり使われるビビットな色は、一気に見るものをひきつける。色を上手に使うことによって、デザインが、更に機能的なものになり、建物をより魅力的にする。

スポーツカラー

写真家、Janie Aireyはロンドンオリンピックパークの色の役割を見事に写真に写している。商業用デザインは、決して機能面だけに重点を置いているわけではなく、見るものを楽しませることも考えて作られている。スタジアム内の椅子をこうして蛍光色にすることで、一気にスタジアム内の雰囲気は明るくなり、世界的に知られたスポーツ大会を見に来た訪問者達のお祭り気分をより盛り上げる。  

この家を「マイホーム」と思えるように

Koubou Interiorsが手掛けた商業空間
Koubou Interiors

'Our House' Disabled Childrens Centre

Koubou Interiors

Berkshireに建てられたこの障害のある子供達の為の施設は「私たちの家」と名付けられている。この施設の為に多くの人が支援金を送り、Koubou Interiorsがインテリアデザイナーとして選ばれた。 子供達の為の施設だからもちろん温もりのある、楽しいデザインが求められる。けれどそれよりも一番重要なことは、安全性である。鋭い角をなるべく避けて作られた建物の中は、色でしっかりと子供たちの遊び場と廊下を分けている。扉やガラスを使わず色だけでスペースを区切ったことにより、いつでも目も手も届くところに子供達が遊ぶことが出来る。

エアリー

Koubou Interiorsが手掛けた
Koubou Interiors

New Build, NHS Hospital – Emergency Department & Day Surgery Unit

Koubou Interiors

救急病院で見つけることのできるこのインテリア。外にあるものを内にも、というコンセプトから創られた。救急病院は常に緊迫した空気がある。スカイブルーと緑を使用したこの波のような、柔らかいカーブのオブジェは、外の空気を病院の中で感じられるようなデザインだ。重たい空気の病院を、なんとなく少しリラックスできる場にしてくれる。

Design oriented

​イスラエルのデザインミュージアムの建築、ミュージアム内で見られる素敵なプロダクトに負けずと外観も、もちろん素敵なデザインである。オレンジと赤のグラデーションと、大きなカーブを描いたこのスチール製のオブジェは一気に建物を躍動的な印象にし、道を歩く人々を、質のいいデザインで誘導する。

目印

BCMFが手掛けたスタジアム
BCMF

NEW MINEIRÃO

BCMF

ミネイロンスタジアムは世界で二番目に大きいスタジアムで、毎年数百万人の人が世界中から訪れる。 2014年のブラジルでのワールドカップに控え、世界から訪れる各国の人の為に改装されたこのスタジアム。もちろん全ての人がブラジル語を話せるわけではないので、人々を誘導するためにるるために使われる要素は言葉ではなく視覚であり、色である。62000人収容可能なこの大きなスタジアムで迷ったとき、ビビットな紫を探せばいい。

FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!