日名内村の家: dygsaが手掛けた和室です。

圧倒的な風景の中に建つ週末住宅

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

家を様々な場所に建てられるでしょう。会社などへの通勤を考えて都市の住宅地に家を建てる人がいる一方、郊外や町外れの場所に家を建てる人もいます。中には都会に家を持っていても、週末は自然に囲まれた場所で過ごす人もいます。郊外や町外れの場所は多くの自然が残されており、気分を変えるには最適な場所。もちろん、そこで建てられる建物は都市の住宅地とは大きく異なってきます。今回はそんな郊外に建てられた週末住宅を紹介したいと思います。

豊かな自然の中に建てられた建物

日名内村の家: dygsaが手掛けた家です。
dygsa

日名内村の家

dygsa

今回紹介する家を手がけたのは建築事務所DYGSA。家が建てられたのは広島県の三原市の絶景の広がる場所。敷地は丘の上にあり、そこからは山が連なる風景を見ることができます。家は自然に囲まれた場所で時間を過ごすための週末住宅として使用されます。そのために、ここでは普通の生活では感じられないような空間、そして周りの自然を身近に感じられる空間が考えられました。

シンプルでモダンな外観

日名内村の家: dygsaが手掛けた家です。
dygsa

日名内村の家

dygsa

建てられたのは木造平屋建ての建物。通り側から建物を眺めると見えるのは黒色の外壁。玄関部分は使われている木の素材を活かした色になっています。黒色と茶色の組み合わせがモダンさを感じさせる外壁の上には窓などを見つけることができません。そのため通り側から家の中の様子を見られることはなく、外観からはプライバシーを考えた建物であることがわかるでしょう。

大きな窓が感じさせる軽やかさとナチュラルさ

日名内村の家: dygsaが手掛けた家です。
dygsa

日名内村の家

dygsa

反対側に回ると見えるのは通り側と対照的な家の姿です。そこに見えるのは明るい茶色が美しい木の外壁。壁には大きなガラス窓が並び、軽やかさやナチュラルさを感じさせてくれます。通り側には数軒の家が建っていますが、反対側には山が広がり、民家などは建てられていないので、外からの視線を気にせずに、大きな窓を取り付けることができるのです。

土間空間が感じさせる広がり

日名内村の家: dygsaが手掛けた和室です。
dygsa

日名内村の家

dygsa

家の中に広がるのは個性的な空間です。建物内の3分の1ほどは土間に覆われています。土間は地面と同じ高さで床から一段低くなっています。通常では土間は建物の屋外に接する場所に設けられて、屋内と屋外を繋げる役割を果たします。ここでは土間と屋外との間は引き戸になっており、それを開ければ屋外と屋内を視覚的に隔てるものはありません。そのため、まるで家の中の空間が外へと広がっているように感じられるでしょう。

日名内村の家: dygsaが手掛けたキッチンです。
dygsa

日名内村の家

dygsa

本住宅はこうした土間と大きなガラス窓が重要な役割を果たします。土間の広がるリビングルームやダイニングルームにいれば、窓越しに外の風景を見ることができます。窓は壁全体を覆うほど大きいものなので、家の中にいると風景の中に佇んでいるように感じられるかもしれません。土間はそんな視覚的効果を一層強くしてくれます。土間は実際に屋内と屋外を繋げることで、ここでは視覚的にだけでなく、実際に家が屋外と連なり、圧倒的な広がりを感じさせてくれるのです。

周辺環境を取り込む家

日名内村の家: dygsaが手掛けた和室です。
dygsa

日名内村の家

dygsa

本住宅では周りに多くの自然が残る立地を活かして、土間や大きな窓を通して周辺環境を取り込むように考えられています。そのため家の中にいても雄大な風景を楽しむことができ、常に自然を身近に感じることができるのです。このような週末住宅であれば、日常生活の疲れやストレスを忘れてリフレッシュできるに違いありません。

このアイデアブックについて何か感じられることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!