Ritto House: ALTS DESIGN OFFICEが手掛けたです。

無垢材が心地いい癒し空間!コンパクトな離れの平屋「Ritto House」

K.Yokoyama K.Yokoyama
Loading admin actions …

今回ご紹介するのは、木の温もりに包まれたシンプル&コンパクトな離れの住まいです。「離れ」と言っても、普通の住宅と同じように明るく快適な空間となっており、同時に開放感も味わえるお洒落でモダンな離れが実現しました。このプロジェクトを手掛けたのは、滋賀を拠点に活動するALTS DESIGN OFFICEです。「Ritto House」と名付けられたこの小さな離れ、一体どんな様子になっているのでしょうか?さっそく詳しく見ていきましょう!

のどかな田園地帯の離れ

この住まいは「離れ」としてのプロジェクトで、建物はのどかな田園地帯に向かって建つ木造の平屋建て。3人家族が住むこの家は、機能を必要最小限に抑えコンパクトにまとめられていながらも、広々とした開放感も味わえるという快適な住空間を実現しています。シンプルな平屋建ての外観は、洗練された美しさがあると同時に、木の格子窓や高窓の部分に機能やデザインの工夫も感じられ、とてもモダンな印象です。

シンプルで上品な玄関

こちらは住まいの玄関部分。土間部分の石の質感と、上り框や式台部分の木の質感とのコントラストが美しい空間となっています。玄関ホールの床の無垢材の風合いは、引き戸の向こうに広がるリビングまで続いていて、住まい全体に広がりと一体感を与えています。リビングには、田園風景の見える大きな開口部がありますが、玄関からも視覚的な奥行きが十分感じられるようになっていますね。和とモダンがバランスよく調和した、品のある明るく美しいこの玄関スペースは、引き戸を閉めると、今度はリビングの明るさが障子を通して柔らかい光となって玄関に届き、空間が少し趣のある雰囲気に変わります。

無垢材が優しい室内空間

直線的に配置されたリビングダイニングと和室の様子です。勾配天井の高くなっている北側にはたくさんの高窓が設けられており、ここから気持ちのいい採光を一年中室内に取り込みます。大きな屋根によって住まいの空間が一つにつながり、開放感のあふれる広がりを持った離れの室内となっています。

田園風景を楽しむ大開口

リビングダイニング部分には田園風景をのぞめる南側に大開口を設けています。のどかな景色を眺めながら、開放感の中でゆったりとリラックスして過ごすことが出来ます。床や勾配天井などあらゆる部分に無垢材が使われ、そのナチュラルで美しい質感からは、自然に囲まれて暮らしているような気持ち良さがあり、ここにいるだけで癒されそうです。リビングダイニングの奥には小上がりになった和室スペースが設けられ、畳の上でくつろぎたいときはここで一休み。障子を引くことでリビングとの間に仕切りを作ることが出来るため、客間として使う時などにもとても便利です。

住まいを見渡せるキッチン

こちらはダイニングキッチンの様子です。キッチン部分にも無垢材が使われ、白壁とのコントラストでその木の美しさがより引き立っています。このオープン型のキッチンからは、反対側の端にある和室までを見渡せるようになっているので、料理の作業中もリビングや和室で過ごす家族の様子がうかがえて、安心感がありますね。

コンパクトでも快適な離れの住まい

和室スペースからのぞんだリビングダイニングの様子です。無垢材の美しいナチュラルモダンの空間は、北欧スタイルなどのフォルムの美しい木の家具を使うと空間全体が優しい印象になり落ち着きます。また、和室とも違和感なくなじんでいてとてもお洒落な雰囲気。和室の引き戸を閉めると、リビングの明るさが障子の光を通して柔らかくなって和室に届き、趣のある安らぐ空間に変わります。木の香りが漂うようなこのコンパクトでモダンな離れは、家族をつなぐ優しい住まいとなっているようです。

【平屋については、こちらの記事でも紹介しています】

※ 平屋の魅力まとめ6選   

※ 平屋と2階建て、どちらを選ぶ?   

▼homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!▼   

募集ページはこちら

田園風景がのぞめるコンパクトな離れについて、いかがでしたか? コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!