Designcubedが手掛けた家

新築vsリノベーション。比較することで見えてくるそれぞれの良さ

Takashi Sasaki Takashi Sasaki
Google+

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

新築とリノベーション、どちらか良いのでしょうか?最近では、中古マンションや一軒家を購入して、それをリノベーションすることで、マイホームを‎手に入れる方が増えています。‎一般的にはリノベーションの方が比較的安く済むというイメージを持っている方が多いと思いますが、もちろん新築の方が優れている点も多々あります。そこで今回は、その2つを比較しながら、それぞれの良さを見ていきたいと思います。どちらの方が優れているかは、それぞれの生活スタイルや好み次第ですので、両者の特徴をよく理解して自分に合っている方を選んでいきましょう!

新築:予想外のコスト負担が比較的少ない

PATH Architectureが手掛けた家
PATH Architecture

Laurelhurst Carriage House

PATH Architecture

リノベーションの規模や建物にもよりますが、古い建物であれば耐震や断熱性能など、中身を確認しないとわからない部分があります。また、解体中に問題点が見つかる場合もあるので、‎リノベーションでは予想外にコストがかかってしまうことも少なくありません。その点では、1からつくっていく新築の方がそのリスクは遥かに小さくなります。新築でも工事途中に計画変更をしてしまうと、コストアップに繋がってしまうので、計画段階からしっかりと建築家と相談しながら、思い違いがないように希望やイメージを共有していきましょう。

新築:自由な設計で理想の間取りに

ダイニング越しに畳みリビング方向を見る : 宮武淳夫建築+アルファ設計が手掛けた子供部屋です。
宮武淳夫建築+アルファ設計

ダイニング越しに畳みリビング方向を見る

宮武淳夫建築+アルファ設計

リノベーションでは古い建物の構造により‎、可能な間取りが決まってきます。あまり間取りにこだわりがなければ問題ありませんが、それぞれの家族にぴったりのこだわりの住まいにしたい場合は、自由な設計が可能な新築がおすすめです。こちらの宮武淳夫建築+アルファ設計が手掛けた新築住宅では、外との目線が交わらない半地下のような畳のリビングや、1・2階の間にキッチンから目の届く高さで子供室、そしてクスの木に合わせた高さの2階に寝室と、それぞれの空間に適した場所や関係をうまくつくり出しています。

写真:岡田大次郎

新築:安心の耐震性と断熱性

外観 夕景: atelier mが手掛けた家です。
atelier m

外観 夕景

atelier m

古い建物を改築する場合、昔の基準で建てられているので、建物の性能が低いことがほとんどです。もちろん、耐震補強や断熱材を加えることで、現在の基準に合った建物となりますが、一から建てていく新築の方が耐震・断熱性能は安心感があるのではないでしょうか。こちらのATELIER Mが手掛けたコンクリート住宅のように、しっかりした構造体に加えて、美しいデザインのかたちは、実際の安全性はもちろん、精神的な安心感ももたらしくれるはずです。

リノベーション:敷地の場所の選択肢が増える

木の梁としっくい壁を生かしたリノベーション: 安井正/クラフトサイエンスが手掛けたリビングです。
安井正/クラフトサイエンス

木の梁としっくい壁を生かしたリノベーション

安井正/クラフトサイエンス

リノベーションの場合、敷地選びに関して非常に大きなメリットとなります。場所の選択肢が広がりますし、駅の近くや街の中心地といった利便性のいい場所を比較的安く見つけることができる可能性も高くなります。こちらの安井正/クラフトサイエンスが手掛けた昭和の中古住宅では、敷地が中央線の駅から徒歩10分ほどの住宅街にありながら、街中を感じさせない漆喰や既存の太鼓梁といったどこか懐かしさを感じるレトロスタイルに仕上げられています。

リノベーション:暮らしをイメージしやすい

新築であると、まだ何も建っていない土地を前にして、そこでの暮らしぶりをイメージするのはなかなか難しいことです。それに対して、リノベーションの場合は、すでに建物が建っているので、周囲との関係や室内の広さや天井の高さまで、その場に立ってイメージをはっきりとすることができます。その分、建築家と相談しながらも、比較的お互いの考えや希望を誤解なくスムーズに理解していくことができるでしょう。

写真:Shinkenchiku-sha

リノベーション:予算に合わせて段階的に手を加えることも可能

Hudson Architectsが手掛けた家
Hudson Architects

Feering Bury Farm Barn

Hudson Architects

リノベーションでは、予算に合わせて部分的な改築も可能となるので、部分的に手を加えることを繰り返しながら、段階的に家全体を改築していくこともできます。予算を抑えようとして、素材のグレードを落とすと中途半端な仕上がりになってしまい、完成してから後悔することもありますが、部分的にリノベーションすることで、集中的に予算をかけて、こだわりの素材を使いながら、満足のいく住まいにしていくことができるでしょう。

【リノベーションについては、こちらの記事でも紹介しています】

※ リノベーションのメリット・デメリットを実例とともに完全解説!

※ マンションリノベーションのメリット・デメリットとは?実例と合わせてまとめ解説!

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀  

募集ページはこちら

どちらも良い面・悪い面があるので、それぞれに合った方法で住まいを手に入れて下さい!コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!