東京都の設計事務所が手がけたミドリとソラにつつまれた家

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

東京都の設計事務所が手がけたミドリとソラにつつまれた家

Y.F Y.F
ミドリとソラにつつまれた家 の 株式会社Fit建築設計事務所 オリジナル
Loading admin actions …

今回ご紹介するのは都内の住宅地に建てられた「ミドリとソラにつつまれた家」です。手がけたのは東京都を中心に活躍する株式会社FIT建築設計事務所です。多肉植物が大好きなクライアントからの要望は、明るくて緑をいつも楽しむことができる広がりのある住まいでした。そして気になるロケーションは、周りは住宅に囲まれ、前面の道路は人通りや車通りが多く、電線が目立った約22坪のコンパクトな敷地でした。この条件からどのようにクライアントの要望が叶えられたのでしょうか。それでは、たくさんの植物と共に暮らすことができる素敵な住宅を見てみましょう。  

直線的でシンプルなデザインが印象的な外観

開口は少なく、直線的でシンプル且つモダンな雰囲気が漂う外観です。外部からの視線は感じることなく、しっかりとプライバシーが確保されていることがわかります。ミニマルなデザインの中にバランス良く設置された植栽が有機的で温かみのある印象をもたらします。 


▶「住まいの写真」ページでは様々な種類のミニマルなインテリアを紹介しています。◀

ミニマルなインテリアの写真ページ

壁のある外部空間が作り出す開放的な室内空間

次は内部空間です。植物を配置した壁に閉ざされた外部空間と室内空間を連続させるという手法を用いることで、周囲の喧噪や電線などの視覚的なうるささを回避しつつ、開放的でミドリを楽しむことのできる空間が実現しています。白とウッドを基調としたナチュラルで温かみのある雰囲気の中に、窓枠や手摺り、照明に見られる黒によって空間全体が引き締められクールな印象が引き立ちます。

スキップフロアで実現した抜け感

コンパクトな限られた敷地で開放的で広がりのある空間を作るために、壁で仕切らずに半階ずつずらしながら各スペースを設けていくスキップフロアという手法が取り入れられました。視線が遮られることなく抜け感を感じることができ、こちらの住宅では空間のどこにいてもソラを楽しむことができます。

【スキップフロアについては、こちらの記事でも紹介しています】

スキップフロアについてもっと知りたい!スキップフロアまとめ

四季を楽しむことができるLDK空間

ダイニングの横にある、壁に直接設置されたウッドの階段を上った先にもテラスが見えます。上からもサイドからも心地よい光が入り込み、明るいLDK空間が広がります。そして各テラスには生き生きとした植物が置かれ、空間のどこにいてもそれらを楽しむことができるわけです。景色が遮断されながらも四季を感じることができる空間が実現しています。  

時間によって楽しめる光の変化

外部テラスへつながる部分とところどころに設置された開口など、様々な場所から光が降り注ぎ、明るく清々しい空間が広がります。差し込む光は朝昼晩の太陽の動きによって変化し、ミドリとソラを存分に楽しみながら豊かな心で毎日を過ごすことができそうですね。 

株式会社FIT建築設計事務所が手がけた住まいはこちらでも紹介しています◆

株式会社FIT建築設計事務所

の FingerHaus GmbH - Bauunternehmen in Frankenberg (Eder) モダン

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!