リビング: 株式会社リボーンキューブが手掛けたです。

インダストリアルテイストのマンションリビングリフォーム

K.Matsunaga K.Matsunaga

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

現在、日本では新築物件の増加に伴って、空き家率も非常に高い割合で増え続けています。古くなった住居や集合住宅は、建物自体の経年劣化や痛みだけが問題ではありません。時代が進むにつれ変化したライフスタイルに合わない場合は、いくら立地や設備が良かったとしても住みにくさ、生活の窮屈さにつながります。欧米では、リノベーションは物件の新旧に関わらず自分達に合った暮らしを送ることができるように、賃貸物件でもリノベーションが可能な自由度が高い物件が多くあります。ライフスタイルが多様化するこれからは、空き家の生かし方もこうしたQOLにつながるものとして幅広く対応できることが求められるのではないでしょうか。今回ご紹介するのは、株式会社リボーンキューブが手がけた古い団地のリノベーションです。

Before:年代を感じるキッチン

キッチンとリビングダイニングのスペースは、床材によって切り替えがされた空間でつながっています。テーブルを置きたいスペースは中途半端な切り替えがされています。

After:空間の切り替えを一新

ダイニングキッチンスペースとして、一室の空間になりました。既存の天井を落とし、できる限りの天井高をとることで約3mの開放感を得られ、同じ面積でありながらも、こちらのほうが広々と感じるはずです。年代を感じるキッチンはステンレスキッチンのスタイリッシュなものへ入れ替えられ、モダンな空間にぴったりの印象を与えます。壁面のタイルや間接照明によって、倉庫風のインダストリアルなテイストへと見事に変貌を遂げています。

Before:細かく区切られた和室が中心の間取り

襖で仕切られた各部屋は、それぞれが独立した居室でした。全体のつながりが感じられず、どこか暗い印象です。

After:間仕切りが取り払われたユニークなLDKへ

単独の居室は間仕切りと天井が取り払われ、リビングとダイニングキッチンがつながり、まるでスタジオのようなユニークな空間が生まれました。深いネイビーカラーの床と、造作家具のダークブラウンが調和し、海外のインテリアのような個性的でファッショナブルな印象を与えます。天井高さを優先し、配管や配線の見える姿も今のトレンドに人気です。リノベーションによって立体感が生みだされることで、ワクワクした空間が出来上がりました。

Before:変色した洗面台と時代を感じる内装

洗面台や内装も、何十年も前の雰囲気を感じるものです。使い勝手やサイズもよくありません。

After:内装を一新した水回りスペース

洗面台や洗濯機スペースは内装を含め全て一新されました。ボウルのみのシンプルな洗面台は大きさもあり、使い勝手も抜群です。限られたスペースの分、造作をシンプルにすることで、住まう人がフレキシブルに空間をカスタマイズしやすいようになっています。

Before:経年劣化と汚れが気になるバスルーム

昔ながらのタイル貼りの浴室は、タイルの目地の汚れや経年による痛みが気になる空間です。清潔感に欠け、冷たい印象を与えます。

After:スタイリッシュなバスルームへリフォーム

全体のタイルを張り替え、モダンでスタイリッシュなバスルームへと変身しました。給湯用のカランとシャワーを分け、使い勝手も向上しています。全体のグレイッシュな色合いはモデルルームのような印象です。毎日使うバスルームだからこそ、インテリアにもこだわりたい空間です。

リノベーションついては、こちらの記事もぜひご覧ください!

※ リノベーションのメリット

※ マンションリノベーションのメリットについて

※ 古民家をリノベーション!その空間に隠された魅力とは?

▶homifyでリノベーションのための建築家を募集してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀     

募集ページはこちら

インダストリアルテイストのリノベーションに興味はありますか?コメントをお願いします!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!