COLECTIVO CREATIVOが手掛けた家

未来型建築コンテナハウスの魅力

A.Imamura A.Imamura

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

コンテナハウスをご存知ですか?これまでにない新たな価値を創造する建築として、今、コンテナハウスへの注目が高まっています。貨物コンテナを加工して作った家には、低価格の材料を加工し驚くほどシックでモダンな家に変身させるアイデアや、ゲストハウスのような居心地の良いもの、スタイリッシュでミニマルなデザインなど、幅広いコンテナハウスが提案されています。圧倒的な短工期と低コストによる生産性で未来型建築と言われるコンテナハウスをご紹介します。

コンテナハウスだからこそ実現できる、スタイリッシュな生活空間

これまでにない新たな価値を創造する建築として注目が高まるコンテナハウスの一番の魅力は、理想の生活空間デザインの具現化が可能な点ではないでしょうか。圧倒的な短工期と低コストによる生産性は、さらにスタイリッシュなデザインや開放的な大空間など、アイデアを自由自在に表現でき、他の建築を超える魅力の一つです。また、移設・増設・再利用が容易なため、次世代型建築としても広く注目されつつあります。

建築事務所Colectivo Creativoが手がけるコンテナハウスは、クライアントの予算や好みに合わせてインテリアの選択が可能で、また4つのサイズが用意されています。広さに合わせてインテリアや材料を選択することができ、あなたの好みに合ったコンテナハウスのインテリアをデザインすることができます。

コンテナハウスのメリットは?

コンテナハウスのメリット見てみましょう。こちらは、ヒロ・デザイン・ラボが手がける海上輸送用コンテナを利用して作った小型複合商業施設「サニーサイドテラス」。6台のコンテナを並べ、奥に中庭とオープンデッキを設け、サニーサイドカフェ、音楽スタジオ&ショップ、およびデザイン事務所などの3つの異業種で構成されています。コンテナハウスのメリットは、「設置が簡単」、「移動可能なプレハブ」、「通常の建物に比べ工事期間が短く安価でること」、「自在に改造でき積み重ねることもできるほど頑丈」。特にこのようなコンプレックスな業種が入る事務所やテナントなどには適しているといえるでしょう。

コンテナハウスと法律

SPACE MAKERが手掛けたリビング
SPACE MAKER

+ LE CONTAINER

SPACE MAKER

コンテナハウスを活用する際に気になるのは、“建築基準法”関連です。建築用JIS規格対応コンテナの製造販売をしている企業では、「ISOコンテナの改造は極めて稚拙かつ悪質であり、すべて違法である」としています。ただし、コンテナを活用した建築物で「建築確認申請」を所得済みの物が日本中に存在することが「コンテナ改造=違法」とはならないことを証明しています。ですからコンテナハウスそのものが違法なのではなく、建築基準法に沿わない形で使用していると処罰される可能性があると言うだけなのです。設置場所の地域、コンテナハウスの規模、設置期間によっては、建築確認申請が不要な場合もあります。また、確認申請が必要でも構造計算書の提出は不要な場合もあります。不動産登記や固定資産税は地域によって対応は千差万別と言われています。まずは、先述の建築確認申請などと合わせて、お住まいの地域の自治体に相談してみましょう。

コンテナハウスのデメリットは?

コンテナハウスのデメリットを見てきましたが、次はコンテナハウスのデメリットを考えてみましょう。コンテナハウスは、鉄でできているため気温が高い地域では、内部温度があがります。断熱材や空調設備の設置で快適に過ごすこともできますが、外部にコンテナの壁がむき出しのままだとエアコンの効き目が悪くなり経済的とは言えません。コンテナの外部に断熱材を取り付けるか、または直射日光が当たらないように木材などで囲む必要があります。反対に気温か高い地域でも日陰に設置出来れば、鉄の冷却効果でエアコンがいらない涼しさです。冬は、コンテナハウスはとても冷えます。床下に冷気がたまると底冷えがします。設置環境の考慮がコンテナハウスの重要なポイントとなるでしょう。

コンテナハウスの環境配慮

ÁBATON Arquitecturaが手掛けた家
ÁBATON Arquitectura

CASA TRANSPORTABLE ÁPH80

ÁBATON Arquitectura

スペインの建築事務所ABATON Architectureの手がけるコンテナハウス「ÁPH80」を見てみましょう。強い構造体でできた頑丈なコンテナハウスは耐久性に優れているため、移築先でそのまま再利用することが可能です。また「ÁPH80」のようなコンテナハウスは、使用されている素材の多くがリサイクル可能、再建築の工程での環境負荷も少なく、環境保守と経済性の両立が可能です。建築資材の再利用によって環境への負荷を大幅に軽減できる点は、従来工法にはない視点から持続可能な社会実現に貢献できる新しい建築と言えるのではないでしょうか。

どこでコンテナを見つけよう?

Ferraro Habitatが手掛けた家
Ferraro Habitat

Loft-Container 20'

Ferraro Habitat

コンテナはどこで手に入れられるのでしょうか?主に、コンテナはコンテナヤードにまとめて保管されています。効率よく見つけるにはインタ―ネットで情報収集するのが近道と言えるでしょう。

中古の海上コンテナは、接触でへこみや塗装の剥がれなどがあります。これらを販売店で修理してもらえるか、反対にそのままの状態の納品が可能かなど、使用状況に応じたコンテナの状態が選択できるか確認しましょう。一番重要な点は、設置希望場所の近くの販売店を探すということです。いくらコンテナ本体が安くても設置場所から遠ければ配達料などで予算オーバーしてしまう可能性がでてきます。あらかじめコンテナの大きさを決め、設置場所、。用途を明確にしておく必要があります。

【ユニットハウスやプレハブ住宅については、こちらの記事でも紹介しています】

※ ユニットハウスで夢の週末住宅も!そのメリット・デメリットとプレハブとの違い

※ プレハブ住宅の特徴とメリット・デメリット 

※ 工期が短いプレハブ建築のメリット・デメリット

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう! ◀ 

募集ページはこちら

未来型建築コンテナハウスの利用で私たちのライフスタイルも変わりそうですね!是非、コメントを書いてください!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!