お手軽で楽しい、お庭でのファイアーピットDIY

A.Imamura A.Imamura
Loading admin actions …

アウトドアやDIY・・・気にはなるけれどなかなか腰が重いという人に必見。意外にファイアーピットのDIYは気軽に始められます。材料や作り方はシンプルで、近所のホームセンターに行けば手に入れられる素材を使って、楽しくファイアーピットのDIYを始めてみませんか?これからの季節に活躍するファイアーピットのDIY方法をご紹介します。

ファイアーピットをお庭に作ろう

こちらは、イギリスのINSPIRED GARDEN DESIGNが手がけるお庭のファイアーピット。季節もあたたかくなり、火を囲みながらお庭で友人とワインを片手に夕時を過ごす何て素敵ですね。さて、自分でファイアーピットを作る場合、まずは、ファイアーピットを作るロケーションを選ぶことが大切です。火を使うので、建造物からは少なくとも7~8mは離れた場所を選びましょう。また、日本の住宅環境事情では、木やフェンスなどからも離れた場所を選んだほうが良いでしょう。キッチンやテラスから目が届きやすく行き来しやすい場所が最適です。それでは、ファイヤーピットの大きさは直径約1m、高さは30cmを例にして作り方を見ていきましょう。

手軽に、コンクリートブロックのファイアーピッドDIY

Jara y Olmo S.L が手掛けた庭
Jara y Olmo S.L

Una fogata segura

Jara y Olmo S.L

まずは、レンガ、耐火性のコンクリートブロック、耐火性モルタル、グラベル、砂利シャベル、水平レベル、木のくい、ロープスプレーペイントを用意しましょう。ファイヤーピットの中心を決め、木くいを打ちます。ロープの端を木くいに巻きつけ、ぴんと張りながらスプレイペイントで半径50㎝(直径1m)の円(円形の場合)を描いていきます。これがファイヤーピットのアウトラインとなります。正方形の場合も同様にしてラインを書くことができます。描いた円や正方形の内側を4~5cmほど掘り下げます。芝生や木の根などの燃えるもの、大きな石などを全て取り除きましょう。そして、レンガやブロックで壁を作っていきます。水平レベルで傾きのないように注意しながら30㎝程の高さになるまで、交互に積み重ねます。中央にグラベルを敷き詰めれば出来上がりです。

素材はどこでて?

ファイヤーピットで使う素材は、火に直接触れるため耐火性のものを選んでください。耐火性のものでない場合は、何度か使用しているうちにひび割れを起こします。耐火性のレンガやブロックは一般の園芸店では手に入りませんが、大規模なホームセンターなら見つけられるでしょう。また少量からでもネットで注文をできるお店もあります。いろいろな色や形がありますが、ブロック型は比較的簡単に手に入ります。扇形のブロックならば、円形のファイヤーピットを作るのにぴったりです。

オーダーメイドのファイアーピット

DIYでファイアーピットを作るのが不安な人におススメは、ファイアーピットのオーダーメイドはいかがでしょうか?こちらは、ELYSIAN FIREが提案するオーダーメイドのファイアーピット。もともと火災の心配なくお庭で火を楽しむために考案されたファイアーピットのデザインです。美しいほのかなピンク色がお庭の緑に美しく映えます。下方には灰を取り出す開口部が作られており、手入れも簡単です。自分で設計図デザインを描き、職人さんにファイアーピットを作ってもらうのも楽しいのではないでしょうか?

組み立て簡単!本格ファイアーピット

「ファイアーピットは作ってみたい、でもDIYは自信が無い・・・」そんな人におススメは、こちらのアントワープのデザイナーNIK BAEYENS DESIGN STUDIOが提案する「Fire Walk With Me」はいかがでしょうか?その名の通り、組み立て可能、持ち運び可能なファイアーピット。2本の支柱、3本の異なる円形に分れたシンプルな鉄素材のファイアーピットは、非常に簡単に組み立てることができます。解体後はフラットにしまえるため、キャンプやバケーションのお供に持ち運ぶには最適なアイテムではないでしょうか?自分で簡単に組み立てられる楽しさとファイアーピットを両方楽しむことができますね。

身近な素材でDIY

La Haciendaが手掛けた庭
La Hacienda

Round pebble mesh with grill

La Hacienda

もっと身近な素材でファイアーピットのDIYをしてみましょう。写真の様に、ワイヤーメッシュを使ってみましょう。これならば特にスキルや費用の心配をせず必要とせずDIYが始められます。まず、ワイヤメッシュ(アルミは避けましょう)、いくつかの岩や石と炭火を用意しましょう。安定させるために内部にもう一回り小さいサイズのメッシュを内側に配置しても良いでしょう。中に石を詰めていき、中央にくぼみを作り炭を配置します。

意外に簡単なファイアーピットのDIY、一度試してみてはいかがでしょうか?

ファイアーピットをお庭に作ってみましょう。是非、コメントを書いてください!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!