コンパクトハウスでも開放感のある家best5

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

コンパクトハウスでも開放感のある家best5

Aya F. Aya F.
ミドリとソラにつつまれた家: 株式会社Fit建築設計事務所が手掛けたリビングです。,オリジナル
Loading admin actions …

開放感のある家は気持ちよいものですが、コンパクトハウスのような限られた空間に建てられる家では、広々暮らすのは難しいのでは、と思われる方も少なくないかもしれません。しかしながら、今日ではいろいろなアイデアを駆使して開放感のあるコンパクトハウスを建てる方が増えています。今回は、そんな狭小地に建つ、広々とつくられた家をご紹介していきます。コンパクトスペースにつくられた豊かな空間を、どうぞご覧ください。  

コンパクトハウスでも開放感あるレイアウト

開放感のあるコンパクトハウス、というと、どこか矛盾したような響きがあるかもしれません。しかし、デザインによって驚くほどのスペースをもつ家ができたりするものです。こちらは東京の建築家・株式会社FIT建築設計事務所の手がけたお宅。シンプルでモダンな外観そのままに、内装も明るくシンプルに作られています。ベランダを複数設けることにより、明るく、植物に溢れた心地よい住空間となっています。本住宅については「ミドリとソラにつつまれた家」でより詳しくご覧いただけます。  

Photo: 鳥村鋼一

ミニマルデザインでも心地よさを

モルタル土間のリビング: 石川淳建築設計事務所が手掛けたリビングです。,ミニマル
石川淳建築設計事務所

モルタル土間のリビング

石川淳建築設計事務所

東京の建築家・石川淳建築設計事務所が手がけたこちらのお宅の外観は、どこか無機質な雰囲気。内装には黒やグレイを組み合わせることにより、空間にメリハリをもたらしています。LKD空間は吹き抜けで、天窓もついていることから、視覚的にも広さが感じられる仕組みです。むき出しの梁や筋交いに、室内装飾の可能性を感じますね。本住宅については「東京で作った狭小住宅 OUCHI-42」でより詳しい情報が紹介されています。  

スキップフロアを活かして

寝室よりセカンドリビング見上げ: モノスタ’70が手掛けた小さな寝室です。,オリジナル
モノスタ’70

寝室よりセカンドリビング見上げ

モノスタ’70

こちらのL字型に作られた家は、大阪の建築家・モノスタ’70が手がけたもの。大きな片流れ屋根には窓やベランダのようなスリットが開けられており、とても印象的です。中に入ると、さまざまな空間がスキップフロアのようにゆるやかにつながります。上へ、横へと空間が枝分かれする様は、まるで忍者屋敷のような趣すら感じられますね。どの部屋にいても、自然光が降り注ぐように考えられているため、とても開放的な印象となっています。本住宅については「+3/11」でさらに多くの写真がご覧になれます。  

造作家具でシンプルかつ開放感ある家に

MILK CARTON HOUSE: .8 / TENHACHIが手掛けた狭小住宅です。,オリジナル 鉄/鋼
.8 / TENHACHI

MILK CARTON HOUSE

.8 / TENHACHI

MILK CARTON HOUSE: .8 / TENHACHIが手掛けたダイニングです。,オリジナル 木 木目調
.8 / TENHACHI

MILK CARTON HOUSE

.8 / TENHACHI

こちらの30平米に満たない敷地に建つコンパクトハウスは、神奈川の建築家・.8 / TENHACHIが手がけたもの。ミニマルで個性的な外観も目を引きますが、中に入ると意外にその広々とした内装に驚かされます。同一の木材で張り巡らされた壁や天井は、統一感があるために窮屈な感じもなく、収納は造作されているため、必要なもの以外は目に触れないようになっています。必要なものが、必要な形で配置されており、シンプルでミニマルながらも開放的で居心地のよい住空間となっていますね。本住宅については「MILK CARTON HOUSE」でより詳しい情報がご覧いただけます。  

Photo: akihide Mishima

窓を大きくとって心地よく

線と面の家:世田谷の狭小二世帯住宅: AIRアーキテクツ建築設計事務所が手掛けた家です。,モダン
AIRアーキテクツ建築設計事務所

線と面の家:世田谷の狭小二世帯住宅

AIRアーキテクツ建築設計事務所

線と面の家:世田谷の狭小二世帯住宅: AIRアーキテクツ建築設計事務所が手掛けたリビングです。,モダン
AIRアーキテクツ建築設計事務所

線と面の家:世田谷の狭小二世帯住宅

AIRアーキテクツ建築設計事務所

千葉の建築家・AIRアーキテクツ建築設計事務所が手がけたこちらのお宅は、二世帯住宅の狭小住宅。開放感を考え、ガラスを多用したファサードとなっています。コンパクトサイズの空間はやはり狭く感じがち。それを、外を見通せるようにすること、また日が差し込むことにより、明るい空間とすることによって、広々と感じさせることが可能になります。本住宅については「線と面の家:世田谷の狭小二世帯住宅」でより詳しくご覧いただけます。  

Photo: 平井広行/(有)平井写真事務所

いろんなアイデアで心地よく暮らしたいですね。ご意見ご感想お待ちしております。
FingerHaus GmbH - Bauunternehmen in Frankenberg (Eder)が手掛けたプレハブ住宅, モダン

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!