家づくりの前に知っておきたい窓の種類

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

家づくりの前に知っておきたい窓の種類

Takashi Sasaki Takashi Sasaki
板の家 ミニマルデザインの リビング の スズケン一級建築士事務所/Suzuken Architectural Design Office ミニマル
Loading admin actions …

快適な住宅を建てていく上で、窓の役割はとても大きなものになります。窓から光を取り込んで明るい室内にしたり、心地良い風を取り込んで涼しさや空気の入れ替えをしたり、美しい眺望を臨んだりと、機能的なことから精神的なことまで満たしてくれます。そんな窓にも形や配置場所によって在り方が変わってきますので、今回は、スズケン一級建築士事務所の手掛けた住宅を見ていきながら、家づくりの前に是非知っておきたい窓の種類を紹介していきたいと思います。  

スリット窓

まず最初に紹介したいのが、スリット窓です。これは、窓の形が細長くなっている窓のことで、玄関など通常の形の窓を取り付けることが難しい狭い場所などに明り取りなどとして窓を設置できるだけでなく、窓の幅が小さいことから、こちらの住まいのようにリビングに設置しても外からの視線が入りにくいようなプライバシー性の高い窓にもなってくれます。こうしたタイプの窓も積極的に取り入れていくことで、家のかたちもより柔軟にデザインしていくことができるはずです。

写真:Eugene Makino / united LIGHTs  

掃き出し窓

掃き出し窓とは、床面から窓があるタイプで、ベランダやテラスなど外と室内を行き来できる窓になります。床面から窓が立ち上がっていることで、自然と窓ガラスの面積も大きくなり、採光や換気の面で大きな利点となることはもちろん、庭とのつながりが生まれ、広がりを感じられる開放的な住まいにもしてくれます。その際には、こちらの住まいのように、掃き出し窓の外側にウッドデッキや縁側のような外と内の中間となる空間を設けて、より外の空間を楽しめるような場としてみるといいでしょう。

写真:畑亮  

天窓

明るい室内の住まいにしたいと多くの方が望まれるでしょう。そのためには、壁に設ける窓を増やしたり、大きな窓を取り付けるなどの方法がありますが、壁だけでなく、屋根に窓を設置することも考えてみてはいかがでしょうか。その屋根に設けられる窓を天窓と言います。屋根にあることから、時間や設置場所に関わらず、高い採光性を期待することができますし、重力換気による効率的な空気の入れ替え、空へのきれいな眺望や、防犯性の高い窓となるなど、様々な点で魅力的な開口となってくれます。  

▶天窓についてはこちらの記事でも紹介しています◀

天窓を取り付ける前に知っておきたい基礎知識

高窓・地窓

壁に設ける窓の位置を変えるだけでも、その役割は異なってきます。例えば、天井近くに設けられる高窓と床面近くに設けられる地窓です。こうした窓タイプは、通常の窓とは異なる高さにあることで、外からの視線が入りにくい室内のプライバシーを守ってくれると同時に、採光や換気、眺望を楽しめる開口となってくれます。こちらの住まいでは、地窓と高窓を1つの空間で組み合わせていますが、こうした地窓と高窓を同時に取り入れることで、重力換気を利用した効率的な換気も行うことができます。

写真:上田宏  

FIX窓

窓というと、開け閉めができるものが一般的だと思いますが、開閉式ではないFIX窓という種類も知っておくといいかもしれません。開け閉めできない窓ということで、FIX窓では換気やそこから出入りすることはできませんが、誤って落下してしまう危険性のない開口となったり、高い防犯性や気密性を期待することもできます。さらに、開閉のための窓枠が必要ないため、こちらの住まいのように大きな開口でもすっきりとした窓となってくれることも大きな魅力となります。

写真:上田宏  

スズケン一級建築士事務所の手がけた建物はこちらでも紹介しています※

スズケン一級建築士事務所

あなたはどんな窓を取り入れてみたいですか?コメントお待ちしています!
の FingerHaus GmbH - Bauunternehmen in Frankenberg (Eder) モダン

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!