和風の家と四季を楽しむ

和風の家と四季を楽しむ

和風の家と四季を楽しむ

Kawase Minori Kawase Minori
Loading admin actions …

日本の環境、風土、文化に合わせて作られた和風の家。家の洋風化が進んでいる現代でも和風の建築の魅力はまだまだ健在。現代では、洋風のものとの伝統が調和がされた新しい発想の和モダンな家も増えています。日本の四季はとてもはっきりしてい て、春夏秋冬とそれぞれ楽しみがありますよね。家とともに四季を楽しむことで一年がとてもワクワクするものに。今回はそんな和風の家で四季を楽しむアイ ディアについて紹介したいと思います。

暖かい春の日

長い冬の後、待ちに待った春。そんなポカポカとした陽気な春の季節、日差しを浴びているだけで幸せな気持ちにさせてくれますよね。そんな時に縁側があれば座って日光浴をしながらのんびりとした時間を過ごすことができます。憧れの縁側のある家だと春の楽しみも倍増です。

夏は涼しさを求めて

蒸し暑い夏はクーラーをすぐつけたくなってしまうかもしれません。しかし、風鈴の音や風を感じる「冷」を見つけることで、日本的な夏の風情がでますよね。和風の家は夏の気温を考慮して作られていることが多く、日本の風土に適しています。この写真の庭は雑木林を残し、新緑がとても爽やか。苔の緑が涼しさを演出し、夏に風情を感じる家となっています。

秋はノスタルジックな雰囲気にひたる

暑い夏が終わり、だんだんと寒くなってくる秋はどこかノスタルジックな気分になります。家の外から見る家の灯りが一層暖かく見えてくることでしょう。この家は愛知県で活躍されている根上建築が手がけられたものです。古民家をリノベーションしたもので、モダンと伝統が融合されて美しい外観を作り出しています。

冬はコタツでほっこりと

寒い外から帰ってきて、暖まった家の中に入るとホッとしますよね。そんな冬にやっぱりかかせないのが「コタツ」です。この広々としたリビングは高知県を拠点に活躍されるエニシ建築設計事務所が手がけられました。畳を置くことで広い空間の中に仕切りのない和室を生み出し、さらに掘りごたつ付き。家族が集まって団欒をするのに最適な部屋となっています。

夏の和風の家を演出するすだれ

こちらの美しいすだれ、まるで京都の有名なお寺にいるかのよう!そんなインテリアとしての魅力だけでなく、すだれは直射日光を防いでくれて、暑さを和らげるという機能的な面も抜群。さらにそのデザインや、風にたなびく姿はとても優雅で涼しげ。こんなすだれがある家に住んでいたら一年中四季の移り変わりを楽しむことができますよね。

春を感じる色の食器

こちらの優しい色合いのボウル。ピンクの釉薬が使われていて、まるで桜吹雪の中にいるようです。陶器という和風のものでありながらもカフェオレのボウルとしても使え、和洋どちらでも大活躍。冬の寒い時期にはこのピンクの色が気分を明るくしてくれるかもしれません。

このアイディアブックについて何か感想はありますか?ぜひコメントを書いてください!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?

ぜひご連絡下さい!

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?

ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!