郊外の家: 有限会社 宮本建築アトリエが手掛けたリビングです。

中庭を中心につながる家族!広くてモダンな農家住宅

K.Yokoyama K.Yokoyama

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

今回ご紹介する住まいは、緑豊かな田園地帯に建つ農家住宅です。和の家を現代の生活に合うようにアレンジし、広々として気持ちのいい中庭が住まいの中心に位置しているのが特徴です。この住まいを手掛けたのは、茨城を拠点に活動する有限会社 宮本建築アトリエ。一体どんな様子になっているのでしょうか?さっそく詳しく見ていきましょう!

品のあるお洒落な農家住宅

住まいは、見晴らしのいいのどかな田園地帯にある農家住宅。建物が密集する都市部にある住宅と違い、ゆったりとした敷地に建てられた和の家です。切り妻屋根を持った堂々とした佇まいに、玄関ポーチや軒下に気軽に腰かけることの出来そうな縁側などを設け、現代の生活スタイルにもなじむようバランスを考えた作りとなっています。外部スペースはアプローチや駐車スペースを広く取り、車や人の出入りがスムーズに行くようにきちんと整備されています。外壁にも色と質感の変化をつけて、シンプルながらも品がありお洒落な雰囲気が漂っていますね。

明るく開放的な階段室

住まいは2階建てとなっており、玄関を入ると室内はこのように木の質感の美しい空間が広がっています。2階へ続く階段は吹き抜けで、高々とした天井は開放感が抜群。階段を見上げた位置にある開口からは、気持ちのいい光が差し込み室内に快適な明るさを届けてくれます。階段の手すり部分は、飾り棚としても利用出来そうなお洒落な構造。思い思いのインテリアを楽しむことで、シンプルナチュラルな空間にアクセントを与えてくれそうです。

住まいの中心となっている中庭

こちらは住まいの中心に設けられた中庭です。間口が5.4mと広々としており、中庭に面する4方向は、開口となっています。外観からはあまり見えなかったこの中庭部分は、家族で楽しむプライベートな空間。中庭の東側にLDKや土間、客間などのパブリックスペース、中庭の西側には家族用スペース、その周りにはお婆様の部屋、階段、書斎等、趣味やプライベートスペースを配置した住まいのレイアウトとなっています。

ナチュラルで開放感あふれるリビング

こちらは住まいのLDKの様子。あたかも木の香りが漂ってくるかのような、ナチュラルで心地いい空間となっています。外に面した大開口には縁側が設けられており、その大きな窓を開け放てばリビングが外部とつながって、快適な光と風を思う存分リビングでも楽しむことが出来ます。また、正面奥に見えるのが住まいの中心の中庭。LDKの中庭に面する側もガラス開口にすることで、リビングが奥までスーッと直線的に伸びているかのように視覚的な奥行が出来、どこまでも部屋が続いているかのような開放感が生まれています。

美しい夜の縁側

こちらは、窓からもれる住まいの明かりがとても美しい夜の縁側の様子です。こうしてみると、住まいの軒部分はとても深くなっていることに気が付きます。深い軒は、夏場の厳しい日差しや雨などから住まいを守り、室内の快適さを保つ日本建築の大事な知恵。モダンな住まいでもその和の良さは十分に生かされているのが分かりますね。縁側では、ご近所さんとちょっとしたおしゃべりを楽しんだり、お茶をしたりと、素敵なコミュニケ―ションが生まれそうな雰囲気です。

家族がつながるモダンな農家住宅

ウッドデッキの敷かれた中庭は、床が室内と同じ高さとなっているので気軽に行き来が出来るのが便利。また、中庭を囲う様にレイアウトされた住まいは、家族がどの部屋にいても中庭を通してすぐにお互いの気配を感じたり、住まいを全体を見渡せたり、と安心感のある暮らしを可能にします。この中庭を中心とした和の住まいは、部屋と部屋の距離があっても心の距離は近い、そんな快適でモダンな農家住宅となっているようです。

【中庭については、こちらの記事でも紹介しています】

※ 中庭のある家に住む5つのメリット  

※ 知っておきたい中庭の6つのポイント!   

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀   

募集ページはこちら

中庭のあるモダンな農家住宅について、いかがでしたか? コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!