見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

快適&おしゃれなワンルームレイアウト

Emi M Emi M
Google+
Loading admin actions …

仕切りの無いワンルームでは生活感で出がちであったり、ゾーニングが難しく、エリア分けが曖昧になることもあります。そうなると全体がメリハリ無く、何となくぼやけた印象のお部屋になってしまいます。そこで今回は、ワンルームでも機能的かつ快適に過ごすことができるワンルームレイアウトの方法をいくつか紹介します!

1、ワンルームをゆるく仕切る:仕切り壁

Polygon arch&desが手掛けたリビング
Polygon arch&des

APARTMENT “VERBI”

Polygon arch&des

ワンルームでもエリアの機能ごとにスペースを分けることができるのが写真のような仕切り壁です。完全に壁で囲ってしまうとそれぞれが狭い個室となり快適さとはほど遠いインテリアとなってしまいますが、こちらのように部屋幅の半分以下のサイズで、視線を遮る程度の仕切り壁とすると小さなワンルームでも圧迫感無く、しかも自然なゾーニングが可能です!

仕切り壁によってできた角にダイニングセットを配した、とてもうまいワンルームレイアウトはRover BCによるもの。

2、ワンルームレイアウトの基本:家具でゾーニング

Allnaturaが手掛けた勉強部屋/オフィス
Allnatura

Regal-System Calva

Allnatura

仕切り壁の設置が不可能な場合は家具の配置だけでもゾーニングは可能です。ソファやオープンシェルフなど大きな家具を活用すると簡単にうまくいきますよ。特にオープンシェルフは収納としての機能はもちろん、背板が無いタイプなら光や視線を遮らないので圧迫感が無く、小さなワンルームでも狭さを助長せず、エリアを仕切ることが可能です。ソファや椅子はコーナーを作ることを意識して配置するとうまくいきますよ。

3、狭いワンルームの救世主:壁掛け家具

string system BASIC SOHO STYLE: greenicheが手掛けたリビングルームです。
greeniche

string system BASIC SOHO STYLE

greeniche

小さなワンルームではいかにスペースを節約するかが重要です。二つ以上の機能を持つ多機能家具や、折り畳みが可能な家具、またはこちらのような壁掛け家具をうまく活用しましょう。繊細なフレームをベースにした壁面を有効活用するデザインで省スペースかつ大容量、そして足元が空いているため軽やかで圧迫感が無く、掃除が簡単なのも嬉しい。

4、ワンルームの色の選び方

ワンルームでなくても小さな部屋では基本的に白がおすすめです。壁色だけでなくラグやソファ、本棚などインテリアの大きな要素は白で統一するとより部屋を大きく広く見せることができますよ。その他のインテリアで使う色は三色以内に抑えると乱雑な印象にならず、落ち着きのあるリラックスできるワンルームレイアウトとなります。

5、フォーカルポイントを作る

部屋の焦点となるフォーカルポイントを作ると視線が引き付けられて、ワンルームで起こりがちな”隠すに隠せない”生活感のある部分からゲストの目をそらすことができます。部屋の入り口から最も距離があるスペースにフォーカルポイントを設定すれば視線が伸び、部屋を実際よりも広く見せることも可能です!壁の一面のみカラフルな色で塗るのもおすすめ。

6、観葉植物で生命感をプラス

SATIVAが手掛けた庭

観葉植物は生き生きとしたフレッシュな生命感で部屋に活力と潤いを与えてくれます。ワンルームには小さなサイズの植物をたくさん置くよりも、やや大きめサイズのものをひとつ置いた方が、インテリアにインパクトを加えつつ部屋を狭くせずすっきりとした印象を保つことができます。植木鉢を置くスペースが無い場合は、ポトスやアイビーなどつる性の植物を天井から吊るしましょう。垂直のラインを強調することにもつながります!

快適&おしゃれなワンルームレイアウト方法いかがでしたか?感想お待ちしております!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!