RE-K: 飯塚建築工房が手掛けたです。

リフォームで叶える古くて新しい中に懐かしさを感じる家

リフォームで叶える古くて新しい中に懐かしさを感じる家

JUTO JUTO
JUTO JUTO
Loading admin actions …

最近では古いものを修理しながら大事に使っていくという精神が若い世代を含め現代人の間でも浸透し始めてきました。身の回りのモノから住まいまで古くても愛着があるもの、古いからこそ醸し出す美しさに価値を見いだし、さらに使い込んでいく楽しみというものありますね。本日紹介するのは築35年の日本家屋のリフォームプロジェクトです。3世代の住人たちのために大胆なリフォームを試みたのは飯塚建築工房で、懐かしさを感じる新旧が調和した住宅になりました。

before: 塀に囲まれた閉鎖的な外観

昔ながらの瓦で葺かれた日本家屋です。

after: 外構のリフォームでこれだけ変わる!

正面にあった車庫や塀を取っ払ったらこんなに同じ敷地とは思えないほど開放的な佇まいになりました。伝統的な日本家屋の佇まいはそのまま残しています。現代住宅ではあまり見かけない軒の深い玄関ポーチが落ち着いた印象を与えます。

after: 日本家屋を開放的にする方法

主要な生活空間のキッチンとダイニングそしてリビングから繋がる広々とウッドデッキです。大きめの掃き出し窓が内外空間に連続性を生み出し、広がりを感じさせる空間になりました。

before: 作業場っぽいキッチン

ダイニングが一緒になったキッチンですが壁に配置されたキッチンなのでコミュニケーションがあまり取れません。

after: 世代を超えて集まるダイニングのデザイン

全体的に建具や家具に木素材を採用したナチュラルなインテリアです。ガラスを嵌め込んだ木枠の建具空間を柔らかく仕切り、採光と開放性も確保されています。アイランド型になったキッチンのおかげで調理をしながら家族との会話がはずみそうですね。随所に取り入れたアクセントカラーが家族の集まる場を彩り暖かな雰囲気を作っています。

before: エレメントが多すぎる和室

典型的な和室の作りです。天井も低めで薄暗い感じですね。

before: 没個性的な居室

快適とは言えない没個性的な洋間です。

before: 襖はあまり有効でない

襖で小割りされている間取りは使い勝手が良いとは言えません。

after: 既存の面影が残るモダンなLDK

濃淡で構成される床材はヘリンボーン貼りでモダンな中にも懐かしさを感じさせるインテリアです。縁側と和室を隔てていた壁を取り払い既存の木造駆体を随所に見せ、リフォームならでは新旧融合を試みています。住まいに昔の面影をなぞることは記憶の継承となって一緒に住む異世代の関係性を強める役割を果たすでのはないでしょうか。

after: 新しいのに懐かしい感じがするリビング

壁一面に木材を貼ったリビングコーナーです。より落ち着いた雰囲気を出していますね。若い世代にも親世代にも馴染むインテリアはやはり暖かみのあるシンプルな家具や照明によってコーディネートされています。

after: 外空間を積極的に利用する

リビングからテラスを見てましょう。以前の住宅からは想像できないほど明るく開放的です。そしてテラスへのアクセスを容易にすることで外空間で過ごすことも増えたのでは?

after: 無垢のフローリングで重厚感が増す

個室を見てましょう。同系色のフローリングですが水平に貼ることで落ち着いた空間を作っています。布張りのソファや木の窓枠が懐かしい雰囲気を醸し出しています。

after: 新旧が融合した心地よい住まい

家族の集まる空間は最大限に開放的にリフォームし、一緒に住む楽しさを引き出してくれる家となりました。新旧の要素がうまく融合し、レトロな空間にモダンなデザインが重なり合い、時の流れを素直に受け入れる住宅は 新旧が入れ替わるその時をちゃんと踏まえたここの住人たちを静かに見守ってくれるような存在と言えるのではないでしょうか。

どこか懐かしい記憶を残した住宅いかがでしたか?是非感想を聞かせてください!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?

ぜひご連絡下さい!

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?

ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!