House in Funamachi: MimasisDesign [ミメイシスデザイン]が手掛けた家です。

憧れのライフスタイルを叶える狭小住宅

Kanako.K Kanako.K
Google+
Loading admin actions …

憧れの住まいに必要なポイントはなんですか?広いお庭や充実のキッチン、開放的な吹き抜けなど、挙げればきりがないかもしれませんね。空間は広い程豊かな気もしますが、必ずということもないようです。限られた空間でも要望通りの要素が詰まっていれば広くなくてもいいかもしれません。そこで今回ご紹介するのは、狭小住宅ながらも空間の広がりと、程よい緑を感じるナチュラルハウス。MIMASISDESIGN ミメイシスデザインが手掛けたこちらの住まい、空間を隔てる建具や壁は見通しのいいガラスによって、住空間に広がりと家族の気配を感じることがでる仕掛けに。限られたスぺースの中でも、芝生の庭や光や風の通る居心地のいい空間が広がります。

夕景の中の狭小住宅外観

敷地は両脇をわずかな距離で挟まれた住宅密集地ながらも小船の見えるちょっぴりゆったりとした雰囲気です。夕景の中の外観は室内から漏れる明かりが一際温かさを感じる本住宅。白い外壁に黒い屋根のいたってシンプルなデザインに上部に見える大きな窓がインパクトあるファサードです。

photo : Yohei Sasakura

家族の気配を感じる住空間

階段を上がった先にあるのはダイニングキッチンスペース。白を基調とした室内にナチュラルな印象を与える木素材が散りばめられた明るい空間です。アクセントのようなシルバーのシステムキッチンはちょっぴりスタイリッシュ。キッチンに立てば大きな窓の外に芝生の庭を見通す開放感を感じる風景に。まるで庭付き一戸建ての住空間から眺める景色となんら変わらないかもしれません。家族が各々に過ごしていても、ガラスによって常に気配を感じる安心感も。

photo : Yohei Sasakura

奥まったスペースにも自然光

階段スペースから見るリビング。暗くなりがちな階段スペースはガラスの間仕切りによって日中の自然光が差す温かくて明るい空間です。木格子の間を埋めるようなガラス板、ちょっぴりレトロな印象にも。緩やかな繋がりを感じる住空間、植栽の置けるスペースのない階段でも、リビングに見える観葉植物によって緑のある気持ちのいい空間に。

photo : Yohei Sasakura

開放的な目線の高い開口

目線よりも高い位置にある爽快な空を見通す開口。住宅密集地の中でも開放感を感じるための必須アイテムかもしれません。外部開口から室内の間仕切り開口へ、同じサイズ、リズムを保って連続しています。外部開口と連なることで閉塞感の無い、住空間を広く感じることができるのかもしれません。高い目線の開口によって、外部からの視線を感じることなく、カーテンいらずの日の移ろいを感じる居心地いい空間です。

photo : Yohei Sasakura

乱散する柔らかい自然光

真っ白なタイルが気持ちのいい洗面・浴室空間。一方向からの自然光、白いタイルに柔らかく散乱する光が十分に明るく清潔感ある空間に。洗面台には明るめトーンの木素材を。白タイルでまとめる空間、洗面室から浴室までのまっすぐな導線はどことなく日本離れしたセンスの良さを感じます。憧れの住まい、空間を丁度いい広さに見せるのは、ハイセンスなインテリアや十分な自然のエネルギーあってのことかもしれませんね。

photo : Yohei Sasakura

【狭小住宅については、こちらの記事でも紹介しています】

※ 狭小住宅を建てる前に知っておきたい6つのこと   

※ 素敵な空間を持った狭小住宅6選!  

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀

募集ページはこちら

気が付いた事があればコメントを下さいね!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!