東金町の家: 向山建築設計事務所が手掛けた家です。

広いデッキテラスが気持ちいい!角地に建つお洒落なコンパクトハウス

K.Yokoyama K.Yokoyama
Loading admin actions …

子供が巣立ち夫婦2人でコンパクトに暮らせる住まいを望んだ時、どのようにすれば快適な生活が送れるのでしょうか? 今回ご紹介する住まいは、そんな希望を持ったクライアントさんが住む、住宅街の角地に建つコンパクトハウスです。飽きの来ないシンプル&ナチュラルなデザインと、広々としたデッキテラスが特徴的で、長く心地よく過ごせるお洒落な住宅となっています。この住まいを手掛けたのは、東京を拠点に活動する向山建築設計事務所です。一体どんな様子になっているのでしょうか?さっそく詳しく見ていきましょう!

落ち着きのあるコンパクトハウス

住まいのロケーションは近くに公園があるという東京の閑静な住宅地。敷地は南に向かって細くなっている変形敷地となっています。クライアントさんの家族はご夫婦と一人のお子さんがいるという家族構成で、そのクライアントさんは、子供は独立し親元を離れてくので住まいはコンパクトにしたいという希望を持っていました。建物は木造の地上2階建てとなっており、北側に玄関を設けた作り。住まいの外観は、1階の外壁に木を多用したナチュラルな雰囲気で、周囲の住宅地の風景にも優しくなじむ落ち着いた佇まいのデザインとなっています。2階はゆるやかな勾配の屋根を持ち、住まいの輪郭にちょっとしたアクセントを与えています。

角地に建つ家族の住まい

こちらは他の角度から見た外観です。住まいは角地に建っているため、敷地の2面は直接隣り合う建物もなく抜け感のある開放的な雰囲気。しかし道路に面していることもあり、住まいのリビングにかかる部分には、目の高さまで塀を設けることで住まい手のプライバシーを確保。外部からの視線を遮り、家族の快適な生活をしっかりと守っています。ただ、塀と言っても住まいの建物を隠してしまうほどの高さではないので、外部空間とのつながりをバランスよく考えた印象を受けます。

癒しの和室スペース

玄関を入ったすぐの場所に設けられたのは和室スペース。シンプルな畳が敷かれ、ちょっとした床の間のある簡素でモダンな作りとなっています。開放的な雰囲気のリビングから離れて少し落ち着きたい時や、客間としても利用出来そうで便利ですね。住まい全体がナチュラルスタイルで統一されているので、このシンプルな和のスペースも癒し空間として家の雰囲気に良くなじんでいる印象です。

外とつながる開放的なリビング

南側に配置されたLDKの様子です。ナチュラルを基調とした優しいインテリアで、温かみのある雰囲気の室内となっています。部屋の2面が、広く取られた開口を通してデッキテラスとつながり、外部への広がりが感じられてとても開放的。気持ちのいい光も室内まで届き、明るさをもたらします。こんな大開口を持つ住まいですが、デッキテラスを挟んで塀に囲まれているため、外からのぞかれる心配もそれほど必要なく、室内でもデッキテラスでものびのびと過ごせることでしょう。また、開口部には深い庇が取り付けられているため、雨や夏の暑い日差しを避け、室内を快適に保ちます。

広々としたデッキテラス

デッキテラスから室内を見た様子です。デッキテラスはLDKと段差のない作りとなっているので、まるでリビングの一部かのような雰囲気があり、いつでも気軽にテラスに出てくつろぐことが出来そうです。このように、住まいの重要な部屋を一階に集め、住まいをコンパクトに設計することで、その分気持ち良く過ごせる屋外空間が生まれました。敷地の変形もあまり気にならず、むしろポジティヴに生かした住まいとなっているようですね。

夕暮れ時の美しい佇まい

屋外が気持ちいい季節は、デッキテラスで食事やお茶を楽しむことも出来そうな雰囲気。そんな住まい手の心地いい暮らしを象徴するかのように、夕暮時は室内からの生活の明かりで美しく照らされる住まいです。角地に建つ住宅は、開放感とプライバシーの確保とのバランスがとても大切。このコンパクトハウスはその両方を見事に実現し、家族が末永く過ごせる快適な住宅となっているようです。

広いデッキテラスが素敵な角地に建つコンパクトハウスについて、いかがでしたか? コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!