使いやすいだけでない快適なキッチンにするためのアイデア

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

使いやすいだけでない快適なキッチンにするためのアイデア

Takashi Sasaki Takashi Sasaki
枚方の家 モダンデザインの リビング の 井上久実設計室 モダン
Loading admin actions …

近年の住宅ではLDKが一般的になってきており、キッチンが生活空間の中心にあることも少なくありません。クローズド型の台所が主流であった一昔前までは、台所と言えば、如何に使いやすく効率的な調理ができる間取りにするかということが重要でしたが、オープンキッチンが増えるにつれて、台所のデザインや快適性も重要な要素となってきました。そこで今回は、井上久実設計室が手掛けた住宅を通して、使いやすいだけでない快適なキッチンにするためのアイデアを紹介していきたいと思います。  

天井の高い開放的なキッチン

まず最初に紹介するのが、キッチンの天井を高くすることです。LDKの中でキッチンの天井が高くなれば、横方向の広さだけでなく、縦方向の開放感も得ることができます。そうした気持ちのいい空間で調理ができる快適なキッチンとなるでしょう。こちらの住まいでは、勾配天井によって、リビングからキッチンへと天井がより高くなっているとともに、その最後に開口が設けられていることで、爽やかな日光が入り込んでくる台所、そしてLDK空間にデザインされています。  

横方向に長い対面キッチンの間取り

近年、対面式キッチンが人気となっていますが、文字通り、それはキッチンで調理する人とダイニングで食事する人などが対面する形となるキッチンタイプのことになります。しかし、対面キッチンをダイニングと向かい合わせに配置するのではなく、キッチン台とダイニングテーブルを横方向に並べて、長細い間取りとすることも是非検討してみるといいでしょう。これによって、比較的幅の狭い部屋でも対面キッチンを取り入れることができますし、配膳の手間も楽になります。また、こちらの住まいのように、大きな開口と庭を組み合わせながら、奥行きを増していくことで、他にはない開放感も得ることができます。  

スキップフロアでつながるキッチン

最近はオープンキッチンが一般的になっていますが、台所とリビングダイニングを一緒の空間にしたくない方もいらっしゃるでしょう。そんな方は、スキップフロアでリビングダイニングとつながるキッチンを検討してみてはいかがでしょうか。2つの場所で視線の高さが異なるので、程良い距離感が生まれますし、それでありながら、間仕切りで完全に仕切られないことで、ひとつながりの大きな空間のような開放感も感じることができます。  

キッチンから臨む絶景

住まいから絶景が臨める場合、リビングからその景色が最も良く見えるようにする間取りが一般的になると思います。しかし、その景色をキッチンからも見えるようにするような、調理で台所に立った時に見える景色についても考えてみるといいでしょう。それによって、毎日の料理も楽しくなるはずです。こちらの住まいでは、畳スペースに沿って開けられた大きな開口からの景色をキッチン、そしてダイニングからも臨めるように間取りが決められています。家のどこからでも自然の絶景を楽しめるような住まいとなっています。  

簡単に隠せるキッチン収納

キッチン収納というのは、台所の使いやすさといった機能性を大きく左右するだけでなく、オープンキッチンではその見た目にも大きく影響する重要なポイントとなります。そんなキッチン収納におけるアイデアの1つが、収納扉を大きな戸にすることです。通常のキッチン収納では、引き出しごとに1つ1つ小さな戸が付いていますが、それをまとめて1つの大きな戸にすることで、ごちゃごちゃになりがちな台所をすっきりとまとまりのある場所にすることができるのです。  

◆井上久実設計室が手がけた建物はこちらでも紹介しています◆

井上久実設計室

あなたはどんな台所にしていきたいですか?コメントお待ちしています!
の FingerHaus GmbH - Bauunternehmen in Frankenberg (Eder) モダン

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!