モグラハウス: 藤森大作建築設計事務所が手掛けたリビングです。

広がりや開放感を感じさせる個性的な家

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

心地良い暮らしを送るためには何が必要でしょうか。様々なものが思い浮かぶかもしれませんが、そのうちの1つは空間の広がりでしょう。閉塞感が感じられるような家では、せっかく家に帰ってきてもくつろぐことができず、落ち着くことができません。そして家は心が休まる場所でなくなってしまうでしょう。そこで紹介したいのは広がりが感じられる家です。それは決して大きな家ではありませんが、空間に工夫を加えることで、開放感が感じられるようになっています。

印象的な外観

今回紹介するのは藤森大作建築設計事務所が手がけた家。それは多くの家が建ち並ぶ住宅地の一角に建てられました。家に付けられた名前は「モグラハウス」。家の外壁は茶色にまとめられています。また屋根の形は2段階に折れ曲がって、特徴的な形となっています。それは、まるで土の中からモグラが顔を出しているように見えるため、このような個性的な名前が付けられることになりました。

広々とした吹き抜け空間

このような個性的な名前の家の中には、同様に個性的な住まいの空間が広がっています。家の中心にあるのは広々とした空間。そこには吹き抜けがあり、天井が高くなっています。吹き抜けにはキッチン、ダイニング、リビングルームが配置されており、家族が集まる場所は広々とした居心地の良い空間になっています。

明るく広がりが感じられる空間

こうした空間を満たすのは暖かな外の光。吹き抜けのある部屋には大きなガラス窓が取り付けられています。それは吹き抜けの高さに合わせて高い位置にもガラス窓が取り付けられています。そのため家の中に多くの光を取り込むことができ、家の中はとても明るく感じられるでしょう。もちろん家の中からでも外の景色も眺めることができ、家が壁に囲まれた狭い空間だとは感じさせることはありません。

スキップフロアが生み出す広がり

本住宅では他にも広がりを感じさせるものがあります。それはスキップフロアと呼ばれる空間構成。スキップフロアでは家の中の空間を階を天井や床で隔てないようにしています。小さなフロアを短い階段で繋ぐことになるため、各階は隔てられることはありません。1階から1階半の空間が見えて、1階半から2階の空間を見ることができます。こうした空間の繋がりは壁などの存在を感じさせず、広がりを感じさせてくれるのです。

開放感を生み出す屋上

もう1つ広がりで忘れていけないのは屋上空間。そこは高い位置にあるため周りの建物に邪魔されることなく眺望を楽しむことができます。もちろん、そこでは周りの建物の影になることはないので、暖かな太陽の光を浴び、外の風にあたることができるでしょう。このような本住宅では、吹き抜け、スキップフロア、そして屋上によって、空間の広がりを楽しむことができます。そして開放感によって心地良い暮らしを可能にしてくれるでしょう。

このアイデアブックについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いてください!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!