箕面桜井の二世帯住宅: ウメダタケヒロ建築設計事務所が手掛けたリビングです。

住まいが築く素敵な関係!モダンで優しい二世帯住宅

K.Yokoyama K.Yokoyama
Loading admin actions …

今回ご紹介するのは、生活空間は完全に独立しながらも、エントランスホールの吹き抜けによってつながっている二世帯住宅。お互いの生活スタイルを尊重しながら、いい距離感を保って毎日を楽しめる家となっているのが特徴です。このモダンで快適な二世帯住宅を手掛けたのは、大阪を拠点に活動するウメダタケヒロ建築設計事務所です。一体どんな様子になっているのでしょうか?さっそく詳しく見ていきましょう!

モダンな二世帯住宅

住まいのロケーションは大阪。閑静な住宅地に建つこの住まいは、二世帯住宅となっています。クライアントさんの希望で、道路沿いには4台入れられる駐車スペースを、東側には大きな庭を設けてあります。勾配屋根のシャープな形状と深い軒が特徴的となっているモダンな住まいのフォルムですが、茶系のアースカラ―を基調とした優しい色味で、周囲の風景にもなじみやすい、自然で柔らかい印象の外観となっています。

2世帯交流の場としてのエントランスホール

こちらは、明るく広々としたエントランスホールの様子です。クライアントさんの希望により親世帯と子世帯の生活空間は1階と2階で完全に分離していますが、この玄関ホールは二世帯共通の場としてお互いの家族が使っています。天井が吹き抜けとなっており、明るく開放的な雰囲気。モノトーンを基調としたシンプルでお洒落な空間です。

吹き抜けが家族をつなぐ

こちらはエントランスホールの吹き抜けの様子。生活空間が分離している二世帯は、この吹き抜けによって空間的につながり、いつでもお互いの気配を感じることが出来て、安心感を持って暮らせます。親世帯は2階に、小さいお子さんのいる子世帯家族は1階に住んでいます。このエントランスホールをみんなが一緒に使うことで、誰かが外出する時や帰宅する時、会えば気軽に声を掛け合ったりできるのでお互いの家族の生活のペースを乱す必要もなく、毎日の生活の中でごく自然に世帯間の交流が生まれやすいのではないのでしょうか。

ナチュラルな雰囲気のリビング

こちらは直線的にレイアウトされた2階のリビングの様子です。ナチュラルを基調とし、コンパクトながらもゆったりと出来そうなモダンな和室スペースもあり、開放感のある気持ちのいい空間となっています。2階にはバルコニーが設けられ、開口からは十分な明るさが室内にもたらされます。奥に見えるのはキッチンです。

シンプルなインテリア

こちらは、2階リビングをキッチン側から見た様子。落ち着いて過ごしたい和室のスペースは開口が抑えられ暗めに、バルコニー側は開放的で明るめと、一つの空間に明るさのコントラストがあるのが分かります。クライアントさんはローコストでの住まい作りを希望していたので、全体的にはシンプルなインテリアに。でも木の温もりを感じる優しい雰囲気が漂い、リラックスして過ごすことが出来そうです。庭で子供とくつろいでいる子世帯の家族がいたらその様子を眺めたり、ある時はバルコニーから声をかけてみたりと、2世帯がお互いのびのびと暮らす様子が目に浮かんでくるようです。

快適な二世帯住宅とは

こちらは夜の住まいの様子です。シンプルでモダンなデザインの外観の中で、窓からそっとのぞく優しい生活の明かりが、この二世帯住宅の快適な暮らしを物語っているようです。いくら仲がいい家族であっても、全てを共有してしまうと時々窮屈さや不自由さを感じてしまうもの。エントランスホールが2家族をゆるやかにつなぐこの住まいは、安心と快適を合わせ持った理想的な家族の家となっているようです。

【二世帯住宅については、こちらの記事でも紹介しています】

二世帯住宅も住まいのかたちは様々。完全同居・部分共用・完全分離型のメリット・デメリットまとめ      

完全分離型の二世帯住宅を成功させるためのポイントまとめ

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀

募集ページはこちら

お互いの家族がいい距離感で暮らせる快適な二世帯住宅について、いかがでしたか?コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!