狭小住宅で快適に暮らすための家作りのポイント5つ

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

狭小住宅で快適に暮らすための家作りのポイント5つ

K.Yokoyama K.Yokoyama
小さくて広い家 モダンスタイルの 玄関&廊下&階段 の Studio R1 Architects Office モダン
Loading admin actions …

都市部や住宅地での家作りは、どうしても十分な敷地が得られなかったり、周囲に建物が密集しているなどの問題があったりと、簡単にはいかないもの。「それでも自分の家が欲しい!」という方へ、狭小住宅で快適に暮らすためのヒントやアイデアを今回はポイントを押さえてご紹介します。あなたの家作りのぜひ参考にしてみてください!

1. 縦の空間を上手に利用

南田辺の家 / House in Minami-tanabe モダンな 家 の 藤原・室 建築設計事務所 モダン
藤原・室 建築設計事務所

南田辺の家 / House in Minami-tanabe

藤原・室 建築設計事務所

狭小敷地に家を建てる時、考えたいのは縦の空間の使い方です。横にスペースを広げられないのなら、3階建てなど階層の多い構造を考え、生活スペースを確保することも一つの手です。例えばこちらは大阪を拠点にする藤原・室 建築設計事務所が手がけた「南田辺の家」ですが、構造は地上3階&地下1階。縦の空間を上手に活用したモダンな都市型狭小住宅となっています。敷地にはもともとは長屋があり、間口が3.75m、奥行きが16.92mと、間口が狭く細長い形状をしているのが特徴。両サイドに建物が密接し圧迫感がある所を、シンプルでスタイリッシュな外観デザインでスッキリとまとめている点もポイントです。

撮影:矢野紀行


2. スキップフロアで室内全体に一体感を

「縦の空間を上手に利用する」というポイントにも関連しますが、室内の構造を階層が少しずつズレて重なっていく、いわゆる「スキップフロア」にすることも狭小住宅の家作りの際はおすすめです。部屋数を多く確保できると共に、斜めの関係性で各空間がゆるやかにつながっていき、室内全体にも一体感が生まれていくのも大きなメリットです。こちらはSTUDIO R1 ARCHITECTS OFFICEの手掛けた「小さくて広い家」より。部屋と部屋にの間に段差はあっても、半階は空間を共有しているので、お互いの様子がよく分かるようになっています。また階段の存在感やデザインが、スキップフロアの構造に大きく影響していることも分かりますね。

【スキップフロアについては、こちらの記事でも紹介しています】

スキップフロアの活用方法を素敵な実例とともにご紹介!


3. トップライトで十分な日当たりを確保

都市部にある狭小住宅の場合、どこに開口部を設けるかも大きな課題となります。開放感や採光を得るために大きな窓を設置したいけれど、プライバシーが気になる・・・。そんな悩みを持つ人も多いでしょう。こちらは株式会社横山浩介建築設計事務所の手掛けた「都心の超狭小住宅」より。屋根に大きな開口部「トップライト」を設けることで、直接日差しが室内に降り注ぎ、屋外のような明るさが感じられます。またこの住まいは、生活の中心となるLDKを2階に設けていることも大きなポイント。1階よりも開口部の設置に関する選択肢が広がり、また道路の騒音や隣家の視線等、プライバシーも守られやすくなります。


4.吹き抜けでゆったりとした雰囲気を演出

狭小住宅の場合は、部分的に天井の高い吹き抜け空間を作ることで、室内に開放的な雰囲気をもたらすことも効果的です。こちらは水石浩太建築設計室の手掛けたプロジェクト「堀之内の住宅(川に寄り添う家)」。変形&狭小敷地とかなり難しい条件の中に建つ2階建ての家です。室内は吹き抜けを作ることで、縦への空間の広がりとゆったりとした雰囲気を生み出すことに成功。ロフトなどを上手に取り入れることで、この開放感を妨げることなくスペースを確保している点も見事です。

撮影:谷川ヒロシ

5. 庭の代わりに屋上テラス

狭小住宅は庭やテラスなどの快適な屋外空間を持つのは難しいと思っていませんか?確かに敷地に制限があると、例えば1階に庭スペースを確保することはなかなか簡単ではありません。また周りが隣家に囲まれているとプライバシーや日当たりにも問題が出てくるかもしれません。そんな時は屋上にテラスを設けるというアイデアがあります。屋外で思いっきり開放感を味わえたり、日当たりを楽しめたり等、庭の代わりのスペースとして十分な役割を果たしてくれるはずです。こちらは井戸健治建築研究所の手掛けたプロジェクト「玉津の住宅」の屋上テラスの様子。コンパクトながらも街の景色が楽しめる快適なスペースとなっています。テラスには室内に十分な明るさが取り入れられるようトップライトの場所もしっかりと確保されているのが分かります。

▶「住まいの写真」ページでは様々な種類のテラス・ベランダを紹介しています。◀

テラス・ベランダの写真ページ

快適に暮らせる狭小住宅について、いかがでしたか?コメントをお待ちしています!
の FingerHaus GmbH - Bauunternehmen in Frankenberg (Eder) モダン

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!