キッチンカウンターの素材で変わる台所の使いやすさ。それぞれの素材の特徴とは?

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

キッチンカウンターの素材で変わる台所の使いやすさ。それぞれの素材の特徴とは?

Takashi Sasaki Takashi Sasaki
はじまりの家 モダンな キッチン の プラソ建築設計事務所 モダン
Loading admin actions …

キッチンカウンターの素材選びで悩まれる方もいらっしゃるでしょう。近年はオープンキッチンが増えていることから、リビングやダイニングのインテリアとの兼ね合いもありますし、掃除のしやすさといった機能面なども考えなくてはなりません。そこで今回は、キッチンカウンターの素材の特徴を見ていきたいと思います。手を触れたり、食材を置く場所でありますので、実際のものを見たり触れたりすることで、手触りも大切にしながら選んでみて下さい。  

キッチンカウンターの主流であるステンレス

キッチンカウンターの素材として最も主流となっているのが、ステンレスです。ステンレスは、耐水性・耐熱性・耐久性にも優れていることから、台所に非常に適していますし、汚れを落としやすいことも大きな魅力となっています。そして、何よりも価格面で他の素材よりも安く手に入れることができることが、キッチンカウンターの素材として主流となっている大きな要因でしょう。1つだけ細かな傷が付きやすいという欠点がありますが、細かな凹凸を表面に施すエンボス加工など、欠点を補う加工も増えています。  

木の風合いをインテリアに活かせる積層合板・集成材

インテリアに温かみのある木材を取り入れる方も多いと思いますが、そうしたインテリアにはキッチンカウンターも木材を選んでみると、非常にまとまりのある住まいのインテリアにすることができます。木材と言っても、様々な種類がありますが、比較的手に入れやすいのが、集成材や積層合板となります。当然、もともとの木材は水や汚れが弱点となりますが、表面に塗装を施すなどして小まめに拭き掃除をしてあげれば、長く使っていくことができるキッチン台となってくれます。  

木そのものの風合いを楽しめる無垢板

木製サッシと無垢カウンター カントリーデザインの キッチン の URBAN GEAR カントリー 無垢材 多色
URBAN GEAR

木製サッシと無垢カウンター

URBAN GEAR

キッチンカウンターを、1枚の無垢板で設えることもできます。これは、先程の集成材などとは異なり、木目や色合いなどを自然の木材そのままにリビングなどのインテリアに取り込むことができます。弱点は反りや割れなどが集成材などよりも起こりやすいことですが、知識や経験豊かな専門家と話し合いながら樹種を選び、オイルの塗り直しなどメンテナンス方法などについても詳しく教えてもらい、丁寧に使いこんでいくことで、無垢材が持つ独特の風合いもより引き立ち楽しむことができるでしょう。  

▶「住まいの写真」ページでは様々な種類のリビングを紹介しています。◀

※ リビングの写真ページ


天然石・人造大理石・人工大理石・

Ladbroke ミニマルデザインの キッチン の NAKED Kitchens ミニマル

天然石で重厚感や高級感のあるキッチンの雰囲気をつくり出したい方もいるでしょう。大理石や御影石といった天然石は高価となりますが、他の素材にはない存在感のある台所としてくれます。その他にも、人造大理石という天然石を小さく砕いて樹脂で固めた素材もあります。これによって、天然石のような素材感を低いコストで手に入れることができます。また、樹脂を主な原料としてつくられる人工大理石でも、天然石のような雰囲気のキッチン台を見つけることもできるでしょう。  

【人工大理石については、こちらの記事でも紹介しています】

※ 人工大理石のメリット・デメリットまとめ集。人造大理石との違い



おしゃれなキッチンに最適なタイル

タイルを使ってカフェのようなおしゃれなキッチンカウンターをつくりたい方も少なくないはずです。タイル自体は水や汚れ、熱にも強く、台所に適した素材です。タイルの色や柄、サイズも多様にあり、あなたのイメージするキッチンのタイルを必ず見つけられるはずです。タイルの弱点はやはり目地でしょう。目地はどうしても汚れやすく、掃除もしにくいため、汚れが目立ちにくい色の目地を選んだり、汚れに対して強い目地材を使うなどの工夫をしていくといいでしょう。  

コンクリートでスタイリッシュなキッチンカウンターに

1階 コンクリートキッチン モダンな キッチン の プラソ建築設計事務所 モダン
プラソ建築設計事務所

1階 コンクリートキッチン

プラソ建築設計事務所

コンクリートでもキッチンカウンターを作ることはできます。重厚感のあるどっしりとしたキッチン台となり、オープンキッチンでも存在感のあるおしゃれな生活空間をつくり出してくれます。特に、建物がコンクリート造となる場合、建物の躯体と一緒につくることで、コストを抑えられることもあるので、事前に建築家と相談しておくといいでしょう。  

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀

理想の建築家を見つけるための建築家募集ページ

あなたはどの素材を取り入れてみたいですか?コメントお待ちしています!
の FingerHaus GmbH - Bauunternehmen in Frankenberg (Eder) モダン

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!