衣替えと冬服収納で、すっきり片付けよう

Y. Y. Y. Y.
Loading admin actions …

もうすっかり暖かくなりましたね。皆さんもう衣替えは終わりましたか?朝夕が肌寒い季節は、まだ着るかもしれない冬服と、収納するべき服が決められず、思い通りに片付かないことも。しかも夏服に比べて嵩張り、収納スペースが少なく見積もっても倍は必要だと思われる冬服。そして、夏服とは違った、ウールなどの動物性の素材。収納には少しコツが必要なようですね。そこで大切なのが衣類の整理と収納場所の確保。今回は、嵩張るために収納が大変な冬服の、収納術をお届けしたいと思います。限られたスペースを上手に活用して、効率良く冬服収納を片付けてしまいましょう。

まずは整理

実は衣替えは断捨離の絶好のチャンス。この際に本当に来シーズンもまだ着るものかどうかを見定め、整理されることをお勧めします。もし去年の冬も着なかったものであれば、来年の冬も着ない確率が高いと思われます。使ってない衣類を所持していることは、結構な負担になりますし、収納場所は無限にあるわけではありません。家のスペースの無駄使いを避けるためにも、着ない服はこの際思い切って譲ったり、処分してしまいましょう。衣類が減ると整理もしやすいですし、パンパンだったクローゼットに余裕ができると、気分もすっきりしますよ。

お手入れ

Campbell Watsonが手掛けたドレスルーム
Campbell Watson

Novenove Walk In Wardrobe by LEMA

Campbell Watson

次に大切なのが長期間の収納に備え大切なのが衣類のお手入れ。汚れは衣蛾やカビの原因になるので、一度着たものは、洗濯やクリーニングを忘れずに。そして保管の際の注意点ですが、衣蛾など衣類を食べる虫は、ウールやカシミヤ、シルクなど動物性の素材を好みます。来シーズン取り出してきた時に、お気に入りの服に穴があいていた!という悲しい事態を避けるためにも、衣類用の防虫剤を使われることをお勧めします。市販の防虫剤のにおいや毒性が気になる方は、ハーブやアロマオイルなど、自然素材での対策法もあります。大切な衣類を守るためにも、虫対策は万全に行いましょう。

クローゼット

衣類の整理とお手入れが済んだら、次のステップは収納です。まずはクローゼットから、見ていきましょう。クローゼットは普通視線の高さから下には、頻繁に使うものを、上の方には、使用頻度の低いものが置かれていると思います。例えばこちらのクローゼットには、ジャケットとブラウスが視線の高さあたりに掛けられ、それからパンツ、シューズと並べられています。一目で見れるので、コーディネートの際にも便利な収納法ですね。そして今回重要となってくるのは、クローゼットの一番上の収納スペース。スーツケースが置かれていたり、何も置かれていないスペースもあります。現在何も置かれていないスペースには、衣類の収納ケースを置いて、冬服を仕舞っておくことができますし、スーツケースの中も空であれば、ぜひ活用しましょう。

写真: Lio Simas

ベッド下

寝室は、普段そこで寝る人以外は入らない部屋なので、収納には向いています。そしてその中でも収納に活用したいスペースがベッド下。棚の上に物を置くよりも、こちらの方が死角になるのでお勧めです。こちらは一級建築士事務所CO-DESIGNSTUDIOが設計を手掛けた個人住宅です。寝室には引き出しタイプの収納が設置されており、羨ましいほどの大収納スペースです。

写真:金田 幸三

屋根裏部屋

meine möbelmanufaktur GmbHが手掛けたウォークインクローゼット
meine möbelmanufaktur GmbH

Begehbarer Kleiderschrank unter Schräge

meine möbelmanufaktur GmbH

設計上、屋根裏部屋はそこで生活するには使い難いイメージがあります。特に天井が低くなっている部分は、使われなくなってしまうことも。でも収納スペースとして活用するのなら、問題ありません。特に冬服など、頻繁に出し入れしないものにはぴったりの収納場所。こんな風に室内の形に合わせた収納だと、無駄なくスペースが使えますね。

ラウンドリールーム

洗面脱衣室: LITTLE NEST WORKSが手掛けた浴室です。
LITTLE NEST WORKS

洗面脱衣室

LITTLE NEST WORKS

洗面所や脱衣所と一緒になっていることも多いラウンドリールーム。通常、洗濯物などを置くための棚が設置されていますが、そこに使ってないスペースはありませんか?特に天井に近い上の方の箇所には、出し入れが不便ですが、長期の収納用にぴったりです。衣類圧縮袋を使うと、冬ものがさらにコンパクトに。ただし、シワになりやすいので、圧縮しすぎないことがポイントです。

冬服の片付けが済んだら、気分もすっきりするはず。コメントをお待ちしています。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!