広さを感じさせるモダンな家

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+
Loading admin actions …

広い家を建てることを簡単ではないでしょう。家を建てるにはそのための土地が必要ですが、それは決して安価ではなく、広い土地を手に入れることが難しいからです。ですが、広い土地がなくても広がりが感じられる家を諦める必要はありません。今回紹介するのは、そんな家です。建てられた家では、窮屈さを感じることなく家全体の様子がわかるような空間が生み出されています。

今回紹介する家は山梨県の甲府市に建てられました。家の設計を手がけたのは多くの住宅を手掛けるSmart Running一級建築士事務所。当初は平屋建てが考えられてた本住宅ですが、4台分の駐車スペース、そして庭の確保が必要となりました。そのため当初希望していた広がりが感じられる平屋建てから2階建ての建物へと計画は変更されました。そして2階建てであっても、平屋建てのように広がりが感じられることが考えられたのです。

家の外観が感じさせるのはシンプルさとモダンさ。建物は箱型の形を組み合わせたものとなっています。外観で強い印象を与えるのは白い外壁。その上には装飾などはなく、そこには窓が取り付けられているだけです。そのため建物の一部分が目立つのではなく、シンプルにまとめられたその外観一層引き立って見えるでしょう。

家の中に広がるのはシンプルでモダンな空間。キッチン、ダイニングルームのある部屋は明かりで満たされています。明るさを感じさせるのは白色の天井や壁。部屋には大きな窓がありますが、窓から入る光は壁や天井に反射して家の中全体を明るくします。そのためここで感じられるのは明るく気持の良い雰囲気。それは家族や食事の場所を、心地良い空間に演出してくれるでしょう。

このような住宅で大きな役割を果たすのは、家の中を区切る引き戸。LDKの部屋にある引き戸を開けると、その奥には小さな客間や階段、そして水回りの空間があります。階段の下は通り抜けることができ、階段は部屋を隔ててしまうことはありません。このような階段を抜けると、LDKへと抜けられる場所にたどり着きます。ここでは行き止まりにぶつかりにくいため、壁の存在感を感じにくくなっています。そして広がりを感じることができるのです。

広がりで忘れてはいけないのは建物の1階と2階を繋ぐ吹き抜け。そこは天井が高くなっており、上への広がりを感じさせます。そのため空間は小さく区切られることなく、他の空間と繋がり、そして広がりを生み出します。こうした吹き抜けや引き戸をは、家に広がりを生み出し、2階建ての建物に開放感を生み出すことになるのです

空間の繋がりが感じられる本住宅ですが、それは家族にとっても別の繋がりを生み出します。LDKの階上には子供部屋があり、それは吹き抜けによって繋がっています。そのため階下のキッチンにいれば、直接子供部屋の様子を確認できなくても、物音など子供たちの気配を感じることができます。このように空間の繋がりによって広がりを感じ、同時に家族の繋がりを感じられる家となるのです。

FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!