東京の建築家が手掛けたトップライトで明るさをもたらす都市型住宅

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

東京の建築家が手掛けたトップライトで明るさをもたらす都市型住宅

K.Yokoyama K.Yokoyama
光の降る家: 株式会社Fit建築設計事務所が手掛けた寝室です。
Loading admin actions …

住宅が密集した敷地で住まい作りをすると、色々な問題が出てきます。プライバシーの確保、開放感、採光や通風計画、防犯対策etc.今回ご紹介するのは、トップライトを設けることで採光問題を上手に克服している都市型住宅です。都心でも明るさが楽しめる家が欲しいと思っている方には、何か参考となるアイデアが見つかるかもしれません。このプロジェクト「光の降る家」を手掛けたのは、東京を拠点に活動している株式会社FIT建築設計事務所です。一体どんな様子になっているのでしょうか?さっそく詳しく見て行きましょう!

写真: 田口哲也

トップライトから採光を取り入れる家

ロケーションは都心にある住宅密集地。白い外壁に覆われシンプルでモダンな外観をしたこの住まいは、3方向が隣家に囲まれ、北側が道路に面しているという敷地条件にあります。このような都会の住宅地で住まい作りをする際よく出てくる問題として、プライバシーと採光の確保が挙げられますが、この住宅の場合は2階にトップライトを設けるなど、開口部を工夫することでその問題を上手にクリアしています。

【トップライトについては、こちらの記事でも紹介しています】

トップライトから中庭まで。明るい住まいにする方法まとめ


LDKは1階に配置

こちらは生活の中心となる室内1階のLDKです。住宅密集地にある住まいは、プライバシーの確保などのために2階にLDKを置くことが多くありますが、この家の場合はクライアントさんの希望で1階に配置することに。1階にLDKがある事のメリットは、高齢になった時、移動の負担が少なくて済むこと。水廻りも設けられていればなおさら、1階だけで生活の主な部分は完結します。狭小住宅や2世帯住宅を考える際にも参考になりそうなアイデアですね。


光を1階まで確実に届ける

こちらはリビングの階段側から1階をのぞんだ様子です。2階の天井にトップライトを設けているこの家は、階段スペースの吹き抜けを介して採光がこの1階まで届けられているのがよく分かります。階段も、板でシンプルに作り上げたスケルトンデザインで、段と段の隙間から十分な明かりが伝わってきています。また空間に対して圧迫感がないのも大きなポイントです。


階段室のトップライト

こちらは2階から階段スペースを眺めた様子。この住まいの快適さの鍵を握るトップライトがあるのが分かります。住宅密集地で開口部の設置にも気を使わなければならない時、このようにトップライトを設ければ、1階に大きな窓がなくても十分な明るさを室内に取り入れることが出来、また風通しの面でも便利です。住宅地や隣家が密接している敷地での家作りで悩んでいる際は、建築家などの専門家に相談しながら、ぜひこのアイデアを取り入れてみてください。

▶「住まいの写真」ページでは様々な種類の窓を紹介しています。◀

の写真ページ


シンプル&ナチュラルな室内空間

こちらは2階の個室の様子です。白い壁&天井、木のフローリングからなるシンプルでナチュラルな仕上がり。大きめの窓も設け、明るい雰囲気の空間となっています。木など自然素材を多く取り入れると、時間の経過によってより味わい深い雰囲気になっていくので、この住まいもそんな変化を楽しみながら気持ち良く暮らして行けそうですね。

▶株式会社FIT建築設計事務所が手掛けた建物はこちらでも紹介しています◀

FIT建築設計事務所

トップライトで明るく快適な住まいについて、いかがでしたか?コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbH - Bauunternehmen in Frankenberg (Eder)が手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!