東京の建築家が手掛けたアトリエのある快適な家

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

東京の建築家が手掛けたアトリエのある快適な家

K.Yokoyama K.Yokoyama
小さな森のアトリエ: 株式会社Fit建築設計事務所が手掛けたダイニングです。
Loading admin actions …

ここ近年で働き方の多様化が進み、自宅に仕事場を設けて在宅ワークをしたり、事務所兼用の住宅を持ったりする人が増えています。また離れを仕事や趣味のスペースのために利用する人も多くいるようです。今回ご紹介するのは、敷地内に生活スペースとアトリエがあり一体化している住まいです。何かの教室やサロンを開いている人、自宅にアトリエや仕事専用のスペースが欲しいと思っている方には、家作りのための何か参考となるアイデアが見つかるかもしれません。このプロジェクト「小さな森のアトリエ」を手掛けたのは、東京を拠点に活動している株式会社FIT建築設計事務所です。一体どんな様子になっているのでしょうか?さっそく詳しく見て行きましょう!

アトリエと一体化した家

ロケーションは埼玉県。周囲には緑があり、のんびりとした雰囲気も感じられる一戸建てのこの住まい。外観は、白を基調としたシンプルな外壁に、2階建てと平屋がつながっているという変則的なデザインが印象的。2階にはデッキテラスも設置されているのが分かります。この住まいのクライアントさんは自宅で美術教室を開いているために、そのアトリエスペースを設けた建物となっているのがこの家の大きな特徴です。

【一戸建てについては、こちらの記事でも紹介しています】

一戸建てを選ぶことの魅力とは?

コの字型の配置

こちらはライトアップされた住まいの夜の光景です。2階建て部分の木の扉は生活スペースの玄関、平屋部分の木の扉はアトリエスペースの入り口となり、コの字型の配置で一体化している建物。アトリエと住居は内部でつながっているのですが、このレイアウトにすることで離れのような雰囲気が出てきます。中央には庭スペースがあり、そこに植えられたシンボルツリーが住人やここを訪れる人々の心を癒してくれます。

広くて明るいアトリエ

こちらはそのアトリエ内部の様子です。白い壁天井とコンクリートの床から成るシンプルな空間。展示会やイベントなども出来そうな雰囲気です。窓は通りには直接面していないので、教室でのレッスンや作品の制作中の時は、しっかりと集中して取り組めます。細い廊下を進むと、住まいの生活スペースにつながっているのもポイント。暮らしの中で気軽に行き来出来るので、自宅に仕事場スペースを持ちたいと考えている人にも、参考になりそうな作りですね。

木の温もりが感じられる室内空間

こちらは室内の2階に配置されたLDKの様子。キッチンはアイランド型と壁付きの2パートに分かれていて、収納付きの木製のキッチン台と白のワークトップがナチュラルでさわやかな印象のデザインです。リビングの家具もウッディーなものでコーディネートして、LDK全体が優しい雰囲気に包まれているのが分かります。

▶「住まいの写真」ページでは様々な種類のキッチンを紹介しています。◀

キッチンの写真ページ


開放的なデッキテラス

こちらはLDKのリビングと、その奥にある屋外のデッキテラスをのぞんだ様子。リビングの天井は建材が露出した仕上げで、木の存在感がダイレクトに伝わる作り。規則的に並んだ板が空間にリズム感をプラスして、インテリアのいいアクセントとなっています。リビングの奥にある開放的なデッキテラスは外の緑を上手に生かして、まるで森の中に居るかのような雰囲気に。2階にあるために外部からの視線もそれほど気にならず、安心してリラックス出来そうです。テラスに面したリビングも、窓辺の日だまりでのんびりと過ごすのにちょうどいい印象です。

▶株式会社FIT建築設計事務所が手掛けた建物はこちらでも紹介しています◀

FIT建築設計事務所

アトリエのある住まいについて、いかがでしたか?コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbH - Bauunternehmen in Frankenberg (Eder)が手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!