見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

カントリーな家にするには何を取り入れれば良い?

Shoko Shoko
Loading admin actions …

カントリーな家とは、自然素材を活かしてつくられた素朴なスタイルを示します。皆さんは雑誌や海外の映画などでは目にした事があるとは思いますが、実際自分の家にも取り入れるとなると、まずどのようにすれば良いのか悩みますよね。今回はそんなカントリーな家にするには何を取り入れれば良いのか、アイデアを紹介していきます。温かく、優しい空間。そんな理想の空間がつくれちゃいますよ!早速チェックしていきましょう!

間接照明でぬくもりを出す

カントリーな家と聞いて、寒々としたイメージはあるでしょうか?きっと温かみのある雰囲気が浮かぶかと思います。そんな温かみのある空間を演出してくれるのは、まず照明の力でしょう。オレンジの間接照明をところどころに置けば、全体が柔らかく包まれぬくもりを感じられます。そんな照明にもこだわるといいですね!

木材を多く取り入れる

Uptic Studiosが手掛けたリビング
Uptic Studios

Lucky 4 Ranch

Uptic Studios

こちらはアメリカの建築家によってつくられた、木材のぬくもりが感じられるカントリーな家。ホワイトの壁には何も飾らないことで木の素材が存在感を出し、すっきりと且つ温かみのある空間に仕上がります。車輪のついたテーブルや模様のある絨毯など、インテリアにこだわるとよりオシャレな雰囲気が出てきますね!

グリーンを取り入れる

カントリーな家をつくる時、色合いも重要になってきますよね。こちらの可愛いキッチンは、クリーム系の色と渋めのグリーンを混ぜ合わせて仕上がっています。こういったマットで落ち着いた色を取り入れ、タイルなどを施すと一気にカントリーな雰囲気になりますね!是非色も考慮してみましょう!

インテリアでまとめる

homifyが手掛けたリビング

オシャレな雰囲気が漂うこちらの空間は、株式会社香瑛住研によって手掛けられたものです。床と天井は木材で仕上げられ、照明の輝きもキレイですね!落ちついたカントリーの空間に感じられるのは、まとまりのあるインテリアたちのおかげ。色や種類は違っても、一つ一つが魅力を出し全体をオシャレに演出してくれます。

ダークブラウンに絨毯でアクセントを

こちらはアースワーク一級建築士事務所によってつくられたカントリー風なリビングです。ダークブラウンでまとめるも、縦長の絨毯がアクセントとなり、空間にメリハリをもたらします。チェアの種類はあえて揃えず、また小さな植物をところどころに置き、オシャレに可愛らしい空間にと演出しています。

外国の雰囲気を加える

アメリカの西海岸をイメージしてつくられたというこちらの空間は、千葉県を中心に活躍する株式会社スタジオ・チッタによって手掛けられました。ホワイトを基調にし、ブルーのタイルと木材のテーブルのラインですっきりと仕上がっていますね。アメリカ国旗の鏡や、天井からぶら下がる照明などアンティーク風なインテリアを取り入れる事でカントリーな雰囲気も出てきます。オシャレで明るい空間で、気分もハッピーになれそう。

カントリーな家についていかがでしたか?コメントをお待ちしております!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!