照明によっておしゃれにも快適にもなる住まい。そのために押さえておきたい照明の種類とポイント

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

照明によっておしゃれにも快適にもなる住まい。そのために押さえておきたい照明の種類とポイント

Takashi Sasaki Takashi Sasaki
コンパクトで回遊性のある家: KAWAZOE-ARCHITECTSが手掛けた寝室です。
Loading admin actions …

照明にも様々な種類があり、空間を照らしていく上でそれぞれが異なる特長を持っているため、どれを選ぶかによって、そこでの居心地の良さはもちろんのこと、空間のデザイン性も左右する重要な部分であります。そこで今回は、KAWAZOE-ARCHITECTSの手掛けた建築を通して、照明の種類や取り入れる際のポイントを紹介していきたいと思います。そこでの過ごし方や演出したい雰囲気に合わせて、照明選びもこわっていきましょう!  

天井面がすっきりとするダウンライト

明るいリビングと大きな吹抜けのある家: KAWAZOE-ARCHITECTSが手掛けたダイニングです。
KAWAZOE-ARCHITECTS

明るいリビングと大きな吹抜けのある家

KAWAZOE-ARCHITECTS

照明の種類としてまず知っておきたいのが、ダウンライトです。これは、天井に埋め込まれるかたちで取り付けられる照明となるため、他の種類とは異なり、照明器具の見えないすっきりとした天井面をつくり出してくれます。天井に埋め込む分、計画段階で設置場所や個数などについて建築家と相談しながらしっかりと決めていくことが大切になります。こちらの住まいのように、キッチンとダイニングスペースに同様のかたちで取り付けることで、スペースとしては仕切られながらも一体に感じられるような空間のかたちも参考にしてみてはいかがでしょうか。  

インテリアアイテムともなってくれるペンダントライト

コンパクトで回遊性のある家: KAWAZOE-ARCHITECTSが手掛けた寝室です。
KAWAZOE-ARCHITECTS

コンパクトで回遊性のある家

KAWAZOE-ARCHITECTS

ペンダントライトとは、照明器具が天井から吊り下げるかたちで設置される照明の種類になります。天井の高い空間でも食卓を効果的に直接明るく照らしてくれるといったことから、ダイニングの照明として取り入られることが多いペンダントライトですが、その特長を上手に活かすことでもちろん他の場所にも取り入れることができます。特に、ペンダントライトは照明器具が目線の高さにくるような設置のされ方になるので、こちらのようにその照明器具にもこだわっていくことで、それ自体が1つのインテリアアイテムとなって空間をおしゃれに演出してくれます。  

柔軟性も高いスポットライト

コンパクトで回遊性のある家: KAWAZOE-ARCHITECTSが手掛けたキッチンです。
KAWAZOE-ARCHITECTS

コンパクトで回遊性のある家

KAWAZOE-ARCHITECTS

スポットライトも住宅に取り入れられる照明の種類の1つです。スポットライトは集光性が高いことから、大きい空間の中で小さな部分を集中的に明るくしたい場合などに効果的です。また、こちらの住まいのように、スポットライトの角度を調節して光が照らされる場所を自由に変えることもできますし、天井にレールを設置すれば、スポットライト自体の位置も変えられる非常に柔軟性の高い照明ともなってくれます。  

おしゃれな雰囲気をもたらしてくれる間接照明

河川敷沿いに建つ平屋の二世帯住宅: KAWAZOE-ARCHITECTSが手掛けたです。
KAWAZOE-ARCHITECTS

河川敷沿いに建つ平屋の二世帯住宅

KAWAZOE-ARCHITECTS

ここまで照明器具について見てきましたが、照明の照らし方によって同じ空間でも全く異なる印象にすることができることから、それについても押さえておきましょう。その1つが、間接照明です。これは、光源を隠しながら、光を壁や天井などにあてて、その反射する光で空間を明るくする照らし方になります。当然、直接照明よりも弱い光になりますが、壁などから反射する柔らかい光で、空間におしゃれな雰囲気を生み出すには非常に効果的な方法となります。  

防犯の役割も果たしてくれる屋外照明

平屋の二世帯住宅のライトアップ: KAWAZOE-ARCHITECTSが手掛けた家です。
KAWAZOE-ARCHITECTS

平屋の二世帯住宅のライトアップ

KAWAZOE-ARCHITECTS

照明を考えていく上で忘れてはならないのが、屋外照明です。夜でも玄関アプローチや庭を明るく照らすことで、つまずいて転んでしまう危険性もなくなり、安全に家の周りを歩けるようにしてくれます。それと同時に、家の周囲が明るく照らされていることで、防犯の役割も果たしてくれます。こうした機能的なことに加えて、こちらの格子を通した柔らかい光で家の周囲を照らしている住まいのように、インテリアのように屋外空間を照明でおしゃれに演出することも考えてみるといいでしょう。  

KAWAZOE-ARCHITECTSの手がけた建物はこちらでも紹介しています◀

KAWAZOE-ARCHITECTS

あなたはどんな照明を取り入れていきたいですか?コメントお待ちしています!
FingerHaus GmbH - Bauunternehmen in Frankenberg (Eder)が手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!