住まいでの暮らしを豊かにしてくれる魅力溢れるリビングのかたち

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

住まいでの暮らしを豊かにしてくれる魅力溢れるリビングのかたち

Takashi Sasaki Takashi Sasaki
シンプルモダンのコートハウス: やまぐち建築設計室が手掛けた庭です。
Loading admin actions …

家族が一緒になってくつろいだり、友人を招いて楽しい時を過ごすなど、リビングは様々な場面で使われ、心地の良い空間で人々を和やかにしてくれます。最近では、ダイニングやキッチンと合わせて、1つの大きな空間をつくるLDKが一般的になっていますが、リビング空間を快適な場所にしていくには、ただ大きな空間にすればいいというわけではありません。そこで今回は、やまぐち建築設計室が手掛けた住まいを通して、暮らしを豊かにしてくれる魅力溢れるリビングのかたちを紹介していきたいと思います。  

外からの視線も気にならない明るく開放的なリビング

ナチュラルモダン空間・万華鏡と光井戸の家: やまぐち建築設計室が手掛けたです。
やまぐち建築設計室

ナチュラルモダン空間・万華鏡と光井戸の家

やまぐち建築設計室

住まいの中心スペースとなるリビングを、明るく開放的なものにしたい方も多いと思います。そうするには、壁に大きな開口を開けることが一番ですが、特に建物が密集して建ち並ぶ都市部の場合、それでは道路や隣家から室内が丸見えになってしまうでしょう。そんな時は、こちらの住まいのように、吹き抜けを取り入れたり、開口部の外にスリット状の格子を設けることで、外からの視線を柔らかく遮りながら、光や風は室内へと入ってくる窓辺のようなかたちにしてみてはいかがでしょうか。  

様々な場があるリビング

LDK リビング ダイニング キッチン: やまぐち建築設計室が手掛けたリビングです。
やまぐち建築設計室

LDK リビング ダイニング キッチン

やまぐち建築設計室

LDKという間取りによって、リビング空間にダイニングやキッチンがある住まいが一般的になってきました。しかし、それだけではなく、家族のライフスタイルに合わせて、様々な場をリビング空間につくってみてはいかがでしょうか。こちらの住まいでは、家族が集まるLDKにプラスして、畳の間を設けたり、薪ストーブや土間のあるスペース、さらにはダイニングスペースとは別に、キッチンに対面するかたちでカウンター台も設けられています。  

外への広がりが感じられるリビング

上でも述べたように、都市部では特に、プライバシーの関係からリビングも外へ閉じた空間になりがちです。しかし、それではプライバシーは確保されても、閉塞感のある窮屈な住まいとなってしまいます。そのような際でも、工夫を凝らして、外への広がりが感じられるリビングにしてみて下さい。例えば、こちらの住まいでは、LDKに面するかたちで中庭が設けられており、外からの視線が入らないことはもちろんのこと、それによっていつでも窓を開けておけるような開放感も得られるようになっています。  

畳のリビング

もてなしの家・和のエスプリを継ぐ家: やまぐち建築設計室が手掛けた和室です。
やまぐち建築設計室

もてなしの家・和のエスプリを継ぐ家

やまぐち建築設計室

フローリングにソファを置いてくつろぐよりも、畳の上でくつろぐ方が落ち着くという方もいらっしゃるでしょう。そのような場合は、リビングスペースの床を畳にしてみるといいでしょう。こちらの住まいのように、フローリング床と畳を段差なしでつなげることで、段差につまずいて転倒してしまう恐れもなりません。また、畳の上でくつろぐ人がいたり、ダイニングの椅子に座ってくつろいだりと、それぞれが安らぎやすいLDKとすることで、家族で一緒になって団欒を楽しむことができる空間ともなっています。  

程良い距離感を持つ畳スペース

(仮称)緑豊かな郊外に建つ和モダンの住まい: やまぐち建築設計室が手掛けたリビングです。
やまぐち建築設計室

(仮称)緑豊かな郊外に建つ和モダンの住まい

やまぐち建築設計室

LDK空間に隣り合うかたちや、含むかたちで畳スペースを住まいに取り入れる事例も多々見かけられます。その際に重要となるのが、LDKと畳スペースの距離感です。畳コーナーは様々な場面で多目的に使うことができる非常に便利なスペースですが、ゲストが来た時に客間として利用することが多々ある住まいでは、LDKとその畳コーナーがそのままつながっていては、訪客時にリビングが居心地の悪い場所になってしまいます。そうしたことから、こちらの住まいのようにリビングと畳スペースの間に間仕切り壁を設けるなどして、程良い距離感を保てる間取りとしてみて下さい。  

▶やまぐち建築設計室が手がけた住まいはこちらでも紹介しています◀

やまぐち建築設計室

あなたはどんなリビングスペースにしてみたいですか?コメントお待ちしています!
FingerHaus GmbH - Bauunternehmen in Frankenberg (Eder)が手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!