目黒の家/書斎: アトリエ・ノブリル一級建築士事務所が手掛けた書斎です。

ルーフバルコニー付き!都会に建つお洒落な狭小住宅

K.Yokoyama K.Yokoyama
Loading admin actions …

今回ご紹介するのは、都会に建つ3階建ての狭小住宅です。都会の住まいの限られたスペースという難しい条件ながらも、普通の住宅と変わらない部屋を確保し、快適な住空間を実現。さらに、都会とは思えない空を仰げる気持ちのいいルーフバルコニーも設けられた贅沢な家となっています。このお洒落な都会の狭小住宅を手掛けたのは、東京を拠点に活動するアトリエ・ノブリルー一級建築士事務所です。一体どんな様子になっているのでしょうか?さっそく詳しく見ていきましょう!

モノトーンのクールな外観

住まいのロケーションは東京の目黒。そしてこちらは道路に面する側の住まいの外観です。両サイドは建物に挟まれ、都会の住宅地に建つ狭小住宅となっています。1階部分はコンクリート、2、3階は黒い外壁で覆われたモノトーンのクールな佇まい。隣家の採光を妨げないように3階部分の輪郭が斜めに切り取られていますが、それが逆に外観デザインのアクセントにもなっていてお洒落な印象です。

都会でも快適な住まいを実現

こちらは夕暮れ時、少し振った角度から見た住まいの様子です。このアングルからは、住宅のすぐ後ろにも建物が隣接している様子が見え、道路側以外は建物に囲まれた敷地であることが分かります。1階のガレージ上部にはバルコニーが設けられているのですが、道路に面して設置されたコンクリートの外壁によって隠されていることで、道路側からは見ることはできません。プライバシーを守るため、外部からの視線を遮る工夫がなされていることがよく分かります。都会の住宅地では、プライバシーを確保しプライベートな空間を保つことと、開放感のある快適な住まいを両立することが難しいもの。狭小住宅となると、さらなる工夫が必要となってきます。しかしこの住まいは、狭小住宅でも上手にスペースを生かし、ディテールにこだわることで、都会でも快適な住空間を実現しているようです。

シンプルで広々とした2階のリビング

こちらはシンプルで広々とした2階のLDKの様子です。採光が強すぎる場合や、他人の視線が気になる時は、取り付けられたブラインドでその影響を和らげながら調整します。オープン型キッチンの背面は収納スペースとなっており、表面には鏡が貼られることで視覚的な効果が生まれ空間がより広く見えるようになっています。ブラインドのかかっている正面の開口は、2階のバルコニーへと続いています。

狭小住宅のこだわり和室スペース

縁なしのシンプルな畳の敷かれたモダンな和室の様子。狭小住宅とはいえ、落ち着いた雰囲気の和室はやはりあると便利なものです。こちらの和室は、襖や収納の扉に繊細な美しさが感じられ、とても上品な印象。天井にもデザインのこだわりがあり、コンパクトながらもお洒落な和室となっています。ここの和の空間で、他の部屋とは違うくつろぎの時間を楽しむのもいいですし、客間として利用しても、お客様から喜ばれそうですね。

誰にも邪魔されず静かに過ごせる書斎

ダークトーンのフローリングに、シンプルな作業台と棚が造り付けられた、クールな雰囲気の書斎です。開放的な雰囲気のリビングとは対照的に、控えめに開口がある程度の閉鎖的で静かな部屋となっています。誰にも邪魔されず、一人で集中して仕事や作業を進めたい時には最適な空間と言えるのではないでしょうか。

都会の狭小住宅にあるルーフバルコニー

外観からは想像ができない、開放感のあるルーフバルコニーの様子です。3階という高さもあって、街の喧騒から逃れホッと一息つくのに良さそうな雰囲気です。都会の住まいであっても、このように空を楽しむことが出来るのは嬉しいですね。この住まいは、アイデア次第で都会にある狭小住宅でも、他人の目を気にせずプライベートな空間を楽しみ、開放感を味わえる住宅は可能であるということを、私たちに教えてくれているようです。

【狭小住宅については、こちらの記事でも紹介しています】

※ 狭小住宅を建てる前に知っておきたい6つのこと   

※ 素敵な空間を持った狭小住宅6選!  

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀

募集ページはこちら

都会に建つルーフバルコニー付きの狭小住宅について、いかがでしたか?コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!