見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

庭づくりに関するQ&A

Kawase Minori Kawase Minori
Loading admin actions …

庭づくりにまつわる素朴な疑問。これってどこかで土にいいって聞いたことがあるけど、本当はどうなんだろう?植物ってみんな一緒じゃないの?など、あまりに身近にありすぎて、疑問が疑問のままになっていることもある庭づくりに関するQ&A。今回はそんな一度はどこかで聞いたことがある疑問に回答します。

コーヒーの出がらしは土にいい?→正解!庭づくりでエコ

Yorkshire Gardensが手掛けた庭
Yorkshire Gardens

English Country Garden

Yorkshire Gardens

コーヒーの出がらしをみて、もったいないなあ。と思うことは多いですよね。この出がらしもなんと土づくりの天然の肥料として使えます!さらに雑草の量や害虫を減らす効果もあるそうで、コーヒー好きにはこれを使わない手はないですよね。

つる性の植物は壁を壊す?→壁に直接つけないのが安心!

庭と一つになる家: ユミラ建築設計室が手掛けた家です。
ユミラ建築設計室

庭と一つになる家

ユミラ建築設計室

壁一面に埋まるつる性の植物、例えばアイビーなどは建物を趣のあるものにしてくれますよね。しかし、ふと植物で壁が埋まってしまい湿気で壁が壊れないのかな、、と疑問に思う人もいるはずです。確かに湿気の多い日本では、壁に直接這わせるのは不安があると思います。そのため壁に直接つくことがないような補助剤をつければ、安心。これからの夏にむけてグリーンウォールを作るなんてのもいいかもしれません。

紫陽花の色は土の酸度によって変わる?→その通り!

これは有名な話で、一度は聞いたことがある人も多いと思います。紫陽花の花色は土の酸度によって変化します。一般的には紫、ピンク、白、といった色が主流だと思いますがこれも土によって決定されたもの。酸性が強いと青くなり、中世、弱アルカリ性の土壌ではピンクの花を咲かせます。お気に入りの色があれば土について知ることが大事なようですね。

天然素材で虫を防ぐ方法ってある?→あります!

バルコニーで楽しむハーブガーデン: SUNIHA UNIHA(サニハユニハ)が手掛けた庭です。
SUNIHA UNIHA(サニハユニハ)

バルコニーで楽しむハーブガーデン

SUNIHA UNIHA(サニハユニハ)

虫に食われて、すべての花が台無し、というのも嫌だし、でもあまり強い薬品を庭に巻くのも心配。そんな人に朗報の天然素材でも虫は防げます!例えばにおいの強いローズマリーやペパーミント等のハーブ。これらの強い香りは虫を寄せ付けません。こちらのハーブガーデンは東京都を拠点に活躍されるSUNIHA UNIHAが手掛けられたものです。バルコニーでもこのボリューム!ハーブの匂いに囲まれて気分も常にリフレッシュできそうです。

つる性植物はフェンスを壊す?→正解でもあり間違いでもある

フェンスにつる性のものを絡めるとフェンス自体の目隠しにもなり、計画している人も多いのではないでしょうか。壁同様フェンスにもダメージを与えないようにしたいですよね。アイビーやヘデラですと虫もつきにくく、フェンスを虫のダメージから守ることができます。

灰は花の成長を促す?→その通り!庭づくりでエコ

Perfect Staysが手掛けた庭
Perfect Stays

The Downes

Perfect Stays

園芸の基本中の基本の土づくり。もうすでに配合された培養土を買うのは主流ですが、少し自分でも改良方法を知っておくと便利ですよね。灰は酸度調整に使われることが多く、ミネラル分補給などにも使われます。家で出た灰は捨てずに庭にまけばゴミにもならず一石二鳥ですよね。

このアイディアブックについて何か感想はありますか?ぜひコメントを書いてください!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!