強い印象を与える個性的な5軒の家!

Michi Koba Michi Koba
Loading admin actions …

思わず足を止めてしまうような個性的な外観の住宅に出会うと、建てられた背景やその内部空間にも自然と興味が湧きませんか?どんな経緯でその形が生まれたのか、室内にはどんな空間が広がっているのか、どんなクライアントがどんな建築家に何を要望して建てられたのか・・・今回はそんな見る人の興味を掻き立てるような個性的な家を5軒ご紹介いたします。では早速見て行きましょう。

​大きな開口のある家

和泉の家: nobuyoshi hayashiが手掛けた家です。
nobuyoshi hayashi

和泉の家

nobuyoshi hayashi

まず最初にご紹介するのはNOBUYOSHI HAYASHIが手掛けた「和泉の家」。建物自体は片流れの屋根を持つシンプルなフォルムですが、前面道路側に向かって大胆に開口を設けることによって開放的で印象的な外観となっています。このように大きな開口を設けることによって、室内が明るく開放的になることはもちろん、夕景では外部にあたたかな光が溢れだし、風景の一部としてもその個性を発揮します。現しで仕上げられた天井もその美しく居心地の良い室内空間を想起させますね。

​浮遊するような2階を持つ家

2つ目は、株式会社濱田昌範建築設計事務所による「軒家/NOKIYA」と名付けられた住宅をご紹介します。敷地は南道路の接道7m,奥行き25mと南北に細長く、さらに河川が氾濫する恐れもある地盤の弱い土地。そんな厳しい敷地条件の中で力強く佇む姿が印象的な住まいです。浸水被害を極力小さくすることを優先して1階は最小限の面積に抑えられた鉄筋コンクリート造とし、その上に重量を抑えるため木造、そして構造と仕上げを一体とした居住空間がまるで宙に浮いているかのように配されています。1階の面積は2階の面積の4分の1とのことですから驚きですよね。土地条件がもたらす物理的な必要性が出発点のデザインですが、そこからは建築家の強い意気込みと個性を感じ取ることができます。

​彫刻のような佇まいの家

3つ目は後藤武建築設計事務所により手掛けられた栃木県鹿沼市に建つ住まい。敷地は2つの道路が交差する角に細長い舞台のように位置します。長らく住宅用地として考えられなかったというこの土地をクライアントは気に入り、住宅建設に至りました。建築家はこの特徴ある敷地にミニマルな彫刻のようなボリュームを計画しました。遠景の山の稜線を楽しむことができ、そして2方向にある車の流れを感じないような空間を模索したのちにたどり着いたというこの形。新建材で建てられた住宅ばかりが建つ場所で異彩を放つ存在ですが、造成された「台座」にどこかしっくりと馴染むフォルムともいえるのではないでしょうか。

​見過ごしてしまいそうな隠れ家のような家

Jack Woolleyが手掛けた家
Jack Woolley

Old Workshop – south east elevation

Jack Woolley

一見ただのブロック塀にしか見えず見過ごしてしまうであろうこちらの住宅。イギリスの建築家JACK WOOLLEYが手掛けたこちらは、ワークショップを経て、荒廃していた空間をモダンな住宅へと生まれ変わらせるというプロジェクトを経て完成した住まいです。ブロック塀に切り込みを入れたようなドアから建物内へ足を踏み入れると、外観からは想像できないような、明るくモダンな空間が広がります。オリジナルの建物へのオマージュや、建材の再利用などを通して建物の記憶を伝えつつ新たな命を吹き込むことに成功した魅力的な建築となっています。

​個性的な外観の狭小住宅

最後にご紹介するのは「川に寄り添う家」と名付けられたKOTA MIZUISHI / MIZUISHI ARCHITECT ATELIERによるモダンな住まい。その名の通り遊歩道を介して川に面する場所に建っています。敷地はわずか15坪ほどの広さ、しかも三角形の変形敷地です。限られた敷地内で住宅を実現するため、敷地の形に沿わせつつ、法的な規制の下で建物を建てることとなり、その形もおのずと個性的なものに。1階の台座のようなボリュームにブラウンと外壁が印象的な2階部分が配置されています。その大きな窓からも想像できるように、内部にはその小ささを感じさせないような明るく開放的な空間が広がっており、居心地の良い住まいとなっています。

強い印象を与える個性的な5軒の家!について何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!