蔵前の家: 吉田夏雄建築設計事務所が手掛けたダイニングです。

個性を持った空間の集合体

Kanako.K Kanako.K
Google+

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

住空間において主に水廻り以外の共有となるスペースとして、キッチンやダイニング、リビングなどがあります。円滑なコミュニケーションを意図して、それらを一体としたワンルームのように過ごす空間が計画されることがありますよね。しかし他方では、各機能を持った空間として程よい距離と分離を図るような計画も充分なコミュニケーションとプライバシーの確保を共に図ることが可能なんです。そこで今回ご紹介するのは、空間の一部分の床を半階ずらすことによって生まれるプライバシーの確保と快適な住空間を持った住まいです。吉田夏雄建築設計事務所によって生まれた本住宅は、隣接型によって構成する事で、部屋ごとに異なる個性を持った居場所を作り出しているのだそう。機能の異なる室が接続しながら快適な住空間を生み出しています。

インパクトのある開口をもった外観

場所は岐阜県のとある開けた住宅街。グレーで落ち着きのある外壁は部分に使われた木目が良く映える、落ち着きとナチュラル感のある風貌。敷地と農地の間に建つ木塀には無塗装の杉板が使われています。経年変化によって味わい深い風合いへと落ち着いていく様は周辺へと溶け込んでいくことでしょう。完成した状態が最高な状態ではなく、経た月日と共に味わいを増すことが家と人が馴染み、望まれるのではないでしょうか。

周辺に馴染む

まだ建って間もない本住宅ですが、すでに周辺の風景に溶け込むような外観を持っています。外壁から少し飛び出すように設けられた開口は控えめながらに、強い個性を持った住宅です。開口に使われている無塗装の木材は、素材の本来の味をそのままに、何ら違和感なく開口から敷地、農地と周辺環境へとしっくり馴染みます。

キッチンとダイニング

白い壁に赤みのかかった木目が映える少し上品なダイニングとキッチン空間。まだ十分に新しさの残る空間にはアンティークの小物が違和感なく収まりそうな雰囲気です。一見フロアレベルが同じように見えますが、キッチンスペースとダイニングスペースは一段ダイニングスペースが高いのです。ダイニングテーブルに腰を落ち着かせれば、キッチンで調理する家族との目線が丁度合うような、そんな高さです。

高さの違う室

キッチンスペースに立って正面を見渡すと、そこにあるのはダイニングスペースを通ったその先に半階上がったリビングスペースが覗きます。まるで各スペースごと分離されているようで接続している関係は、どのエリアに居ても互いに存在を確認しながらも干渉はしないといった程よい距離を感じることができます。連続した空間は、突き当りのリビングから取り込んだ風は、対面のキッチンスペースまで心地よく通り抜けることが可能です。

気積が生む空間のコントラスト

キッチンスペースの天井はダイニングスペースの二倍ほどの高さがあります。そう、二階とを繋ぐ吹き抜けです。ダイニングから続くキッチンはその空間の気積コントラストに大きな開放感を得ることができます。その吹き抜けはハイサイドライトによって気持ちのいい採光が二階の室はもちろん、一階キッチンまで届きます。キッチンで料理をすればほのかな香りが二階まで香る、ほっこりとした空間です。

連続する空間

半階上がったリビング空間は少し変化のついた面白みのある空間が体感できるかもしれません。そこは一室に居ながらにして、一階のキッチンダイニング、二階の室を一挙に臨み、連続した空間になるんです。その接続は小胆ながらもコミュニケーションのとれる作りです。白い壁面天井仕上げによって空間に広がりを感じながら、異なる階層からそよぐ風を感じることのできる気持ちのいい住空間。それは程よい距離感をもった家族の存在を感じることのできる住まいです。

床を半階ずらすことによって生まれた住空間はいかがでしたか?是非、コメントをくださいね!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!