東京の建築家が手掛ける囲まれたテラスで気持ち良く過ごせる家

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

東京の建築家が手掛ける囲まれたテラスで気持ち良く過ごせる家

K.Yokoyama K.Yokoyama
ソト部屋ウチ庭の家: 株式会社Fit建築設計事務所が手掛けたテラス・ベランダです。
Loading admin actions …

今回ご紹介するのは、テラスを塀で囲むことでプライバシーと開放感を両立させ、住宅地でものんびりと快適に暮らせる住空間が実現した住まいです。都市部や住宅密集地で家作りを計画している人や、外部の視線を気にせずリラックスして過ごせる屋外空間に憧れている人は、何か参考となるアイデアが見つかるかもしれません。このプロジェクト「ソト部屋とウチ庭の家」を手掛けたのは、東京を拠点に活動している株式会社FIT建築設計事務所です。一体どんな様子になっているのでしょうか?さっそく詳しく見て行きましょう!

クレジット: 鳥村綱一

テラスを囲んで住宅地でも快適に

敷地の周囲が他の建物に囲まれていたために、家作りの際はプライバシーの確保がポイントとなっていたこの住まい。生活の中心となるLDKに面してデッキテラスを設置し、塀で囲んで中庭空間にしてしまうことで、外部からの視線をカットし、その問題に対応しています。開放感が犠牲になってしまい、窮屈な暮らしなのでは?と少し心配かもしれませんが、大きな窓を設けることでLDKとテラスを一体化させ、外部と内部空間の境目をあいまいにしているので、室内に居ても屋外に居ても広々と感じられるようになっています。

【テラスについては、こちらの記事でも紹介しています】

テラスを使いやすく楽しい場所にするための6つのポイント

テラスと一体化したLDK

こちらはLDK全体をのぞんだ様子です。天井は一部が吹き抜けとなっていてゆったりとした雰囲気。デッキテラスのある囲まれた中庭に面して、LDKの大開口も同じ幅を取っているので、テラスがLDKの延長空間のような一体感が生まれています。部屋の縁に沿ってベンチにも飾り棚にもなる造り付けの収納スペースが設置されているのも印象的です。

テラスで風や光、開放感を味わう

デッキテラスとちょっとした植え込みスペースのある中庭空間。テラスを囲む塀は真っ白なので、それほど圧迫感なく過ごせる点がポイントです。外部の視線を気にせず、安心して快適な太陽や気持ちいい風、空の眺めが楽しめ、住宅地では得ることが難しい開放的な気分が味わえます。緑が好きだというクライアントさんご家族も、自然を身近に感じて癒されたりガーデニングをしたり等、きっと満足しているに違いありません。LDKからよく目が届くので、お子様のいるご家庭ならこのテラスを子供の遊び場にすることも出来そうですね。

庭を眺めるダイニング

こちらはダイニングから中庭をのぞんだ様子です。夜は、ライトアップされ昼間とはまた一味違ったロマンチックな印象に。ダイニングで夕ご飯を食べる時も、まるでレストランで過ごすかのような素敵な雰囲気となり、より優雅な気分で食事の時間が楽しめそうです。窓際に造りつけられた収納が、ダイニング用の椅子として利用出来るのも便利ですね。

▶「住まいの写真」ページでは様々な種類のダイニングを紹介しています。◀

ダイニングの写真ページ

モダンな住まいにも和室スペースを

こちらはシンプルな畳が敷かれたモダンなデザインの和室。開口部からはちょっとした緑も見られ、ここに居るだけで心が落ち着きそうな雰囲気です。畳の部屋で静かな時間を過ごしたい時、ちょっとしたお昼寝スペースに、お客様が来た時のゲストルームに等々、暮らしの中の様々なシーンで活躍するので、モダンな住宅であってもぜひ和室スペースを作ることをおすすめします。

▶株式会社FIT建築設計事務所が手掛けた建物はこちらでも紹介しています◀

FIT建築設計事務所

囲まれたテラスのある快適な住まいについていかがでしたか?コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbH - Bauunternehmen in Frankenberg (Eder)が手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!