丘の家: YOKOI TSUTOMU architectsが手掛けたです。

人も空間もつながる、「斜面の庭」がある住まい

Michi Koba Michi Koba

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

今回ご紹介するYOKOI TSUTOMU ARCHITECTSによるこちらの住まいは、庭を効果的に用いた空間が素敵な夫婦+子供二人の4人家族のための住宅。限られた広さの中でも、敷地の特徴を生かすことで四季の移ろいを感じられる居心地の良い住まいが実現しています。では早速見て行きましょう。

​空間と人をつなぐ庭

敷地は愛知県内の住宅地に位置しますが、道路との高低差が3.6mあり、近隣との関係性が希薄な場所でした。そこで、土留めを取り払い、一部を斜面の庭に変えてこの住まいの軸となるような空間としています。敷地の広さや近隣建物との関係を考慮して、プライバシーを保ちつつ、眺望と採光の確保できる2階に家族団らんの空間である居間・食堂・台所が配されています。外観でまず目に留まるのがまっすぐに玄関につながる階段と、その脇にある斜面の庭です。この二つの建築要素が訪れる人をゆったりと室内へといざないます。また、道路と庭との間には塀など視線を遮るものがなく、行き交う人々もこの美しい庭の風景を楽しむことができると同時に、生い茂る樹々によって道路から内部への視線を緩やかに遮断しています。この斜面の庭は、近隣との関係を取り持つ空間でもあるのです。

​居心地の良い家族だんらんの場所

2階にある居間・食堂・台所の様子です。このスペースではプライバシーを確保しつつ明るい空間を実現するため、窓の高さや位置に特に配慮がなされています。屋根勾配に沿った三角窓がこの空間をさらに印象的なものにしていますね。南側の窓下には造作の収納が設けられ、たくさんの物をすっきりと収めることができます。空間に馴染む一体的なデザインも魅力的です。

洗練されたキッチン

白を基調としつつ、柔らかな木のぬくもりも感じられる造作キッチン。一部が穿たれたタイル壁や金属取っ手など、シンプルながらも細部までこだわりの感じられる洗練されたデザインです。

​風景を取り込む吹き抜けと窓

庭の上部に広がる吹き抜け方向を望んだ様子です。庭から伸びる樹木は2階の居間や家事室以外にも、1階の寝室や廊下からも眺めることができ、四季の移ろいを感じることができます。明るく開放的ながら、外部からの視線の気にならないリラックスできる居心地のよい場所ですね。

空間をつなぎ、家族の気配を伝える吹き抜け

西側の窓の外は壁で覆うことで西日と道路からの視線を和らげています。また西側に配された家事室からは吹き抜け越しにリビングの様子をうかがうことができます。この吹き抜けを通して、空間がつながり、また家族のつながりを感じることができるのです。

人も空間もつながる、「斜面の庭」がある住まいについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!