新千里南町: 伊東建築計画室が手掛けた家です。

スキップフロアが魅せるダイナミックな空間の家

K.Matsunaga K.Matsunaga
Loading admin actions …

住宅は、一生のうちでもっとも大きな買い物のひとつと言われます。そして、多くは形になった実物を見る前に購入する方が多いのではないでしょうか。建築前は図面を元に打ち合わせが進められますが、図面とは二次元のもので、なんとなくスペース的に配置はわかったとしても、それが立体として高さが加わったときには、思わぬ空間の力を感じることになるでしょう。限られた敷地や空間だったとしても、存在する立体の力や景色を味方につけることができれば、実面積以上の開放感を感じることも可能です。今回ご紹介するのは、伊東建築計画室が手がけたスキップフロアによってダイナミックな空間を感じられる家です。図面だけではわからない、開放感をいっぱいに楽しむことができる空間が見応えのある家が出来上がりました。

大きな窓のある開放的な外観

景色の良い面全体が窓に覆われ、住宅内部の上下階がまるごと透けて見ることができます。敷地の高低差が利用され、高台から見える景色は素晴らしいものになるでしょう。水平のラインを生かし、シャープに突き出した軒がより横の広がりを感じさせます。夜に室内の明かりが灯ると、未来的なイメージを感じさせる構造が見えます。

道路側のシンプルでモダンな外観

この敷地は、道路側と反対側の高低差があり、その立体が生かされる形でこの家は計画されました。道路側から見ると、シンプルで直線的なボックスがモダンな雰囲気を感じます。コンクリートとシルバーの外壁が近代的な印象を与え、ほぼ大きな開口のない姿はプライバシーを保つことができるようになっています。一見わからないように玄関が設けられ、防犯面にも配慮がされています。

吹き抜けのある開放的な室内

道路面の見えない開口部とはまるで違う印象の、室内に入ったときの開放感は誰もが驚く空間です。吹き抜けの大空間と、全面の大きな窓からは屋外との教会を感じさせないほどの伸びやかさがあります。ホワイトと明るい木の色が、外観のクールでモダンな雰囲気とは違う温もりと優しさを感じ、ゆったりとくつろぐことができそうです。

スキップフロアによる空間のつながり

敷地の高低差が利用され、この家の部屋はスキップフロアで何層かに分かれた配置がなされています。過ごす場所場所を移動しながら、ゆるやかに全体がつながる空間は居心地のよさを感じさせます。立体的に全体がひとつながりになっているため、すべての空間がひとつでもありながら、それぞれのスペースは高さのステージによって独立もされています。思い思いの場所で過ごしながらも家族の気配をいつも感じ取ることができ、自然と会話が生まれることでしょう。一番上の階には全面に本棚が設けられ、まるでカフェや図書館のようにくつろぎながら読書や映画を見る楽しみも生まれます。

中間に位置するダイニングスペース

上階には他の部屋につながるスペースと壁面の書棚、下階には吹き抜けの天井高を感じられるリビング、そして中間層にはダイニングとキッチンが位置しています。ダイニングテーブルからは2面のダイナミックな窓から外の景色とテラスを眺めることができ、まるでペンションやレストランのような空間が広がります。陽の移ろいや季節を感じながら食事をすることも、テラスでのびのびとくつろぐことも、すべてが特別な時間のように感じる心地よさ。きっと休日でさえも家から出たくなくなる空間に違いありません。

【スキップフロアについては、こちらの記事でも紹介しています】

※ スキップフロアの知っておきたいメリット・デメリットまとめ 

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀ 

募集ページはこちら

スキップフロアの家に興味はありますか?コメントをお願いします!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!