大阪の建築家が手掛けた敷地の特徴を生かし眺望が楽しめる家

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

大阪の建築家が手掛けた敷地の特徴を生かし眺望が楽しめる家

K.Yokoyama K.Yokoyama
玄関:  井上久実設計室が手掛けた廊下 & 玄関です。
Loading admin actions …

今回ご紹介するプロジェクトは、大阪を拠点に活動している井上久実設計室によって手掛けられた「桜守の家」です。敷地の近くには公園があり、また山並みも楽しめるという恵まれた環境の中に建ち、その敷地の特徴を最大限に生かして、リラックスしながら心地よく暮らせる住空間が見事に実現しています。敷地や周囲の環境を上手に利用した住まい作りを考えている方には、何か参考となるアイデアが見つかるかもしれません。一体どんな住宅になっているのでしょうか?さっそく詳しく見て行きましょう!

眺望を考慮した住まい作り

外観:  井上久実設計室が手掛けた家です。

住まいのロケーションは兵庫県神戸市の住宅街。敷地の一方は公園に面し、その逆側には六甲山の山並みが広がっているという周辺環境が特徴です。そのため家作りの際は、公園側と山側の両方の眺望を生かすことを考慮しながら計画が進められたということです。こちらは公園側からのぞんだ住まいの遠景ですが、グレーなど色味を抑えたダーク系カラーで落ち着きのある外観が、周辺の街並みに自然と馴染んでいる所が印象的です。


様々な条件を乗り越えて個性的な外観に

外観:  井上久実設計室が手掛けた家です。

こちらは先ほどとは角度を変えた外観です。公園と住まいとの間には通りがあり、敷地との境界には塀ではなく植栽による囲いをすることで、ゆるやかに外部空間との仕切りになっています。生活のプライバシーを確保するためのいい目隠しになると共に、街並みにも緑の彩りが加わりますね。また住宅が密集している地域での家作りには避けては通れない北側斜線の制限。それをポジティブにとらえて屋根や建物のフォルムを工夫し、結果として公園側には低く、山側には高くなった個性的なデザインに仕上がっています。


外部とのつながりを感じさせる玄関ホール

玄関:  井上久実設計室が手掛けた廊下 & 玄関です。

こちらはエントランススペースの様子です。広い土間と正面に見える大きなガラス開口、左右の室内へのつながり等、住まい内部と外部との間に連続性や一体感がある作り。窓の向こうには庭や公園の風景が広がっているので、外出から帰った時やゲストを住まいに迎え入れる時、この玄関ホールの明るく開放的な雰囲気と緑の眺めに心が和みそうです。

▶「住まいの写真」ページでは様々な種類の玄関を紹介しています。◀

玄関の写真ページ


眺望と日当たり抜群のリビング

リビング:  井上久実設計室が手掛けたリビングです。

 広い玄関ホールを介してすぐ横にあるのがこのリビングスペース。屋根の勾配を生かした高い天井による開放的な雰囲気と、採光と眺望を楽しむための大開口が特徴です。無垢材のフローリングで優しい印象のリビングでは、のんびりとリラックスできますが、さらに窓を開け放つことでデッキテラスや外部空間ともつながりが生まれ、風を感じながらより快適な気分で過ごせそうです。

【開口については、こちらの記事でも紹介しています】

開口の大きな住まいの魅力と押さえておきたいポイント

風が通り抜ける心地よい室内空間

吹き抜け:  井上久実設計室が手掛けた廊下 & 玄関です。

こちらは2階からの眺め。吹き抜けによって1階と2階に空間的な一体感が生まれ、家族が違う階にいてもお互いの気配を感じながら安心して過ごすことが出来ます。また吹き抜けによって、山側の窓から取り込んだ風が公園側の窓を抜けて行き、公園や六甲山の眺望だけでなく、心地よい風も楽しめる住空間となっています。

▶井上久実設計室が手がけた建物はこちらでも紹介しています◀

井上久実設計室


眺望が楽しめる住まいについて、いかがでしたか?コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbH - Bauunternehmen in Frankenberg (Eder)が手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!