照明を使ってインテリアをおしゃれにしていくためのポイント

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

照明を使ってインテリアをおしゃれにしていくためのポイント

Takashi Sasaki Takashi Sasaki
もてなしの家・和のエスプリを継ぐ家: やまぐち建築設計室が手掛けた壁です。
Loading admin actions …

部屋や窓の形や大きさ、あるいは家具のデザインなどにこだわっていくことで、インテリアをおしゃれにしていくことを考えている方も多いと思いますが、その際に忘れてはならないのが照明です。シーリングライトやダウンライトのように、照明器具を出来るだけインテリアの中で目立たない存在にするものもありますが、ペンダントライトやスタンドライトであれば、ランプシェードなどがインテリアの印象に左右してきます。また、夜のインテリアは照明の光によってそのおしゃれさが決まってくると言っても過言ではないと思います。そこで今回は、やまぐち建築設計室が手がけた建物を通じて、照明を使ってインテリアをおしゃれにしていくためのポイントを紹介していきたいと思います。  

インテリアをおしゃれに演出する照明器具

ナチュラルモダン空間・万華鏡と光井戸の家: やまぐち建築設計室が手掛けたです。
やまぐち建築設計室

ナチュラルモダン空間・万華鏡と光井戸の家

やまぐち建築設計室

冒頭にも書いたように、ペンダントライトやスタンドライトのようなランプシェードなどがインテリアの中で目立つ照明器具を取り入れる場合は、そのデザインがインテリア全体に合ったものを選んだり、あるいはワンポイントとして人目を惹きつけるようなデザイン性の高いおしゃれなものを選んでみてもいいでしょう。あるいは、こちらの住まいのように吹き抜けの天井からペンダントライトを設けるといったように、そうした照明器具の設置場所や設置方法についてもアイデアを出してみるとおもしろいと思います。  

照明の光で人目を惹きつける

もてなしの家・和のエスプリを継ぐ家: やまぐち建築設計室が手掛けた壁です。
やまぐち建築設計室

もてなしの家・和のエスプリを継ぐ家

やまぐち建築設計室

照明器具だけではなく、当然照明の光によっても人目を惹きつけるようなおしゃれな演出を考えてみることもポイントの1つだと思います。その際に効果的なのがスポットライトです。こちらのように、壁にニッチを設けて置物を飾った場所などにさらにスポットライトで光をあてることで、視線を惹きつけたい場所を効果的におしゃれに演出することができます。こうした際は、スポットライトの光の先に何があるのか、何を置くのかをしっかりと考えていきましょう。  

間接照明の柔らかい光でおしゃれに演出

もてなしの家・和のエスプリを継ぐ家: やまぐち建築設計室が手掛けた廊下 & 玄関です。
やまぐち建築設計室

もてなしの家・和のエスプリを継ぐ家

やまぐち建築設計室

照明を使ってインテリアをおしゃれに演出していく上で忘れてはならないのが間接照明です。間接照明の柔らかい光を使って上手に室内を明るくしていくことで、直接照明ではつくり出せないようなおしゃれな雰囲気の空間にしていくことができます。間接照明を取り入れる上で必ず押さえておきたいのが、光源を隠すことです。光源が見えてしまうと、どうしても間接照明の柔らかい光の印象が半減してしまうのです。こちらの住まいのように、間接照明を使って天井や壁などをやさしい光で照らし出し、空間全体としてその光を味わえるような演出をしてみてはいかがでしょうか。  

【間接照明については、こちらの記事でも紹介しています】

間接照明でインテリアをおしゃれにする方法


ランプシェードのデザイン

色香の箱: やまぐち建築設計室が手掛けた和のアイテムです。

照明を選んでいく際に1つのポイントとなるのがランプシェードのデザインだと思います。これによって、照明自体で1つのインテリアアイテムになることはもちろんのこと、ランプシェードのデザイン次第でそこから放たれる光の質なども変わってきます。こちらの住まいのでは、和風の床の間に、モダンな雰囲気を醸し出すオブジェとしての意味合いも含めて照明が丁寧にデザインされています。吉野桧と吉野杉、そして吉野和紙によってつくり出されているこの床の間のように、照明を含めた空間全体のデザインだけでなく、そこに用いる素材についてもこだわってみて下さい。  

ランプシェードを通して生まれる光

照明の効能: やまぐち建築設計室が手掛けたダイニングです。

ランプシェードを通して生まれる光についてもこだわっていきましょう。先程のように和紙などのランプシェードを通して柔らかい光を生み出したり、あるいは、こちらのようにペンダントライトのランプシェードを通して天井に波模様の陰影を生み出すこともできます。このようにしていくことで、天井や壁などを昼間とはまた違った印象に演出していくことができます。  

 ▶やまぐち建築設計室が手がけた建物はこちらでも紹介しています◀

※ やまぐち建築設計室


あなたはどんな照明を取り入れてみたいですか?コメントお待ちしています!
FingerHaus GmbH - Bauunternehmen in Frankenberg (Eder)が手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!