これが「お風呂リノベーション」のゴールデンルール!

Kawase Minori Kawase Minori
Loading admin actions …

日本人にとってお風呂は生活に切っても切り離せない存在です。私もベルリンでの部屋探しの中でお風呂は必ずチェックする項目のひとつ!そんな大切なバスタイムのためにも素敵なバスルームは必須ですよね。今のデザインに飽きてきてしまった人も、新しいデザインに挑戦したいという人も。どうやったら今あるバスルームを新しく見せることができるでしょうか?今回はお風呂リノベーションのゴールデンルールを紹介したいと思います。

バスルームは常に清潔に、あまり多くのものを置かない

MyBathが手掛けた洗面所&風呂&トイレ
MyBath

MYBATH NEW VINTAGE

MyBath

長く生活をしていると物は増えて行く一方。こだわりのシャンプーやコンディショナー、可愛い石鹸を買ったのはいいけれど種類がおおすぎてごちゃごちゃして見える。なんてことはありませんか?清潔感が重要なお風呂場ではシンプルにまとめて清潔感をキープすることが大切。物を減らしただけで新しく甦った!なんてこともあるかもしれません。

朝派?夜派?お風呂場の光について考えよう

こちらでは、シャワーといえば朝浴びるという人が多いように思います。シャワーイコール目を覚ますという考えもあり、お風呂に差し込む日中の明かりはとても重要なのかもしれません。日本では夜にリラクゼーションとしてお風呂に入る人が多いと思います。そこで、照明は目を覚ますために太陽光をたっぷり浴びれるような位置か、それとも寝る前のリラクゼーションか。自分の入る時間帯を考えてみるといいでしょう。

写真:URBAN ARTS / Shinsuke Kera

コストがかからず劇的にリノベーション?収納スペースを新しく

お風呂場に収納はたくさんあるでしょうか?収納を新しくするだけでも見違えるかもしれません。タオルを置く場所や、洋服をかけておくところ。これらを少しビンテージの物にしてみたり、汚れた服をいれるバスケットをこだわりのものにしてみたり。周辺の小物を変えることは予算もかからずにまず手がつけられる場所ですね。

「使いやすさ」もお風呂リノベーションの鍵

ウキウキハウス: 株式会社CAPDが手掛けた浴室です。
株式会社CAPD

ウキウキハウス

株式会社CAPD

シャワーのヘッドの位置、お風呂の大きさ、鏡の位置などの高さはあっていますか?また室内の温度は快適に保たれていますか?このように体が喜ぶようにすることで、リラックス効果も倍増。少しの変化ですが、なんだかまるで丸々リノベーションをしたみたいと感じるかもしれません。

横と縦のラインを使い、バランスよく見せる

構成「コンポジション」を考えるときに縦のラインと横のラインが混じるとバランスが良く見えるということがあります。それをお風呂場でも利用してみましょう。これは福岡県を拠点に活躍されるアミ環境デザインが手掛けられたものです。格子を使うことで、和風の雰囲気を演出し、特別な空間づくりの主役となっています。

お風呂リノベーションの醍醐味?壁を壊すこともプランにいれる?

Dekorasyontadilatが手掛けた浴室
Dekorasyontadilat

Beylikdüzüdekorasyon

Dekorasyontadilat

お風呂場のスペースが狭いなと感じている人は、部屋の拡張のために壁を壊すことも考慮に入れてみてはどうでしょうか。少し抵抗があると思いますが、プロと話し合って、新しいバスルームのプランを作れば今ある状態を保ちながらも最新のデザインを取り入れることができますよね。

このアイディアブックについて感想はありますか?ぜひコメントを書いてください!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!