被衣の家 Shawl House: y+M design officeが手掛けた家です。

やわらかな大屋根によってつながれる、新しい住宅の形

K.Matsunaga K.Matsunaga
Loading admin actions …

敷地や空間を生かすためには、その家の背景や周辺環境の考察も必要です。家はそこにあるだけで完結するのではなく、家から出るまで、家に帰り着くまで、家にいながら見える景色と、たくさんの環境要素を含めて完成されるものだからです。今回ご紹介するのは愛媛県の今治市に建つ、ゆるやかな大屋根が印象的な住宅です。まるでふわりと布をかけたような意匠の姿はY+M DESIGN OFFICE CO.によって提案されました。

ゆるやかなカーブを描く大屋根の外観

大きな曲線が印象的な屋根は、現代的な箱型の家とは全く違うインパクトを感じさせます。旗竿敷地に建つこの家は、周辺を隣家に囲まれた住宅地にあります。生活をする居住スペース、茶室、駐車場とそれぞれ計画された配置のスペースを、この屋根がつなぐことにより中庭、坪庭、テラスが生まれるという仕掛けが施されました。ホワイトの外壁にやさしい色の木材があしらわれ、庭のグリーンやカーブの曲線の優美さと共にありきたりではないオリジナル性が光る外観です。

生活棟からの眺め

メインとなる居住スペースはから庭を眺めると、離れにある茶室が見えます。大屋根のカーブはゆるやかに茶室までの曲線を描き、その道のりまでに中庭などたくさんの用途を持った空間が生み出されました。直線ではないというだけで室内からの景色は全く違った見え方になり、それぞれのスペースが意味を持ち暮らしの中の豊かさをよりましてくれる存在になります。広々とした庭は大きな腕を広げたような家に包まれる形で配置され、温かな雰囲気を生み出しました。

モダンなLDK空間

大きな吹き抜けを持つLDK空間は、ダイニングとキッチンの床がモルタルで仕上げられ、モダンでクールな雰囲気を持っています。大きく見える軒や2階の天井にはふんだんに木材が使われているため、この空間がスパイスを与えインテリアのバランスが保たれています。吹き抜けもまた曲線によりやわらかな印象を与え、広がりを感じる空間となりました。土間としても使うことのできるスペースは、より暮らし方の自由さを広げると共に外部とのつながりによって中庭と一体になり、枠にとらわれない家の形が出来上がっています。

軒とつながる大空間

1階のモダンな内装とはまた別に、2階は木材がふんだんに採用された空間が広がります。2階の窓はフレームを持たず、景色がそのまま切り取られたような大きなガラスにより天井と軒は延長されたような広がりを感じることができます。室内と屋外の境界を感じさせないことで、外部の空間がまるごと家の一部のような佇まいとなり、実面積以上の開放的な空間が広がります。まるで美術館のような空気を持つこの空間でゆったりとくつろぎを感じると、日々の疲れを癒すことができるに違いありません。

離れのような和室空間

屋根によってつながれた、離れのような和室は大きな開口のサッシを開け放つと外の空気が感じられる自然いっぱいの空間に変化します。ここでお茶を飲むのも、畳に寝転がって心地よい風を感じながら時を過ごすのもよいでしょう。収納の押入れは宙に浮いたような構造がとられ、上下にはガラスがはめこまれています。上は屋根の軒の延長が、下からは坪庭を眺めることが可能です。家の中だけではなく周辺環境や屋外の空間も目いっぱい味方につけたこの家は、暮らし方の新しい可能性を提案しているようです。

外観の印象的な家に興味はありますか?コメントをお願いします!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!