東京の建築家が手掛けた空間がゆるやかにつながるスキップフロアの住まい

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

東京の建築家が手掛けた空間がゆるやかにつながるスキップフロアの住まい

K.Yokoyama K.Yokoyama
スキップフロアの家: 株式会社Fit建築設計事務所が手掛けたリビングです。
Loading admin actions …

今回ご紹介するのは、3方向が隣家に囲まれるなど制限のある敷地の問題を、スキップフロアの作りにすることよって解決し、快適な住空間を実現させた家です。上質な素材を使い、ナチュラルで優しい雰囲気に仕上げられた室内インテリアも注目ポイントとなっています。住宅密集地での住まい作りを計画している人や、スキップフロアを取り入れた家に憧れている人には、何か参考となるアイデアが見つかるかもしれません。このプロジェクトを手掛けたのは、東京を拠点に活動している株式会社FIT建築設計事務所です。一体どんな様子になっているのでしょうか?さっそく詳しく見て行きましょう!

写真: 石井雅義

スキップフロアで快適な住空間

ガルバリウムの外壁に覆われたシックな雰囲気のこの住宅。北側が道に接している他は、3方向に隣家が建ち、住まいの周りは囲まれているという難しい敷地条件にありました。ただ、南東の方向だけは少し開けていたので、その特徴を最大限に生かすような住宅プランで住まい作りが進められていきました。建物は2つのボリュームをずらすようにして並べられ、さらに室内空間を半階ずつ階層が積み重なるスキップフロアを採用することで、より明るさを住まいに取り入れるようにしたということです。

【スキップフロアについては、こちらの記事でも紹介しています】

スキップフロアの魅力と取り入れる前に知っておきたいこと

ナチュラルで優しいインテリア

こちらは1階のリビングの様子です。室内空間に使われている床や天井のタモの無垢材。ナチュラルで優しい雰囲気の室内を作り出し、居心地の良さが生まれています。無垢材は年月が経つことによって色味や質感が変化し、より味わい深くなっていくので、その移り変わりを暮らしの中で楽しめるのもポイントです。

リビングからゆるやかにつながる空間

リビングはコンパクトな作りですが、オープン階段と一部天井の吹き抜け、そして大開口に面したデッキテラスなど、縦や横にゆるやかな空間のつながりがあるので圧迫感がありません。開口部も外部からの目線を上手に外し、プライバシーに配慮して設置されているので、明るさを十分に取り込み、部屋では安心して過ごすことが出来ます。

▶「住まいの写真」ページでは様々な種類のリビングを紹介しています。◀

リビングの写真ページ

段差のあるLDKでも一体感をキープ

リビングのオープン階段を上るとあるのがこのダイニングキッチンです。リビングのフロアと階層がずれますが、キッチンはオープン型の作りでリビングの様子が良く見渡せ、また階段部分の天井が吹き抜けていることで空間的につながり、LDKとしても一体感をキープできます。キッチンはステンレス製の天板とタモ材によるオーダーキッチン。ダイニングテーブルにもタモ材が使用されており、住まい全体のインテリアに統一性を持たせています。

スキップフロアによるメリット

こちらは吹き抜けから住まいを1階まで見下ろした様子。スキップフロアによって細かく階層を分けて積み重ねられているこの家は、吹き抜けや開口部の設置を工夫することで採光が1階まできちんと届き、明るさに包まれています。また吹き抜けを通じて縦に空間がつながっていることで、どの階にも気配や空気の流れが伝わり、一体感を味わいながら暮らすことが出来ます。周りを隣家が囲んでいるような住宅密集地や、狭小敷地での家作りを考えているなら、スキップフロアで縦に空間を利用することで快適な住空間が手に入るかもしれませんね。

▶株式会社FIT建築設計事務所が手がけた建物はこちらでも紹介しています◀

株式会社FIT建築設計事務所

スキップフロアによって快適に暮らせる家についていかがでしたか?コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbH - Bauunternehmen in Frankenberg (Eder)が手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!