快適なマイホームにしていく上で欠かせない窓。これだけは知っておきたい設置場所別で見る窓の種類

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

快適なマイホームにしていく上で欠かせない窓。これだけは知っておきたい設置場所別で見る窓の種類

Takashi Sasaki Takashi Sasaki
品川の住処: 株式会社ハウジングアーキテクト建築設計事務所が手掛けたリビングです。
Loading admin actions …

明るく開放的な住まいにしていきたいと考えている方も多いと思いますが、そのために大きな役割を果たすのが窓です。窓を通して、光や風、景色が室内へ入ってくることから、快適な住空間をつくっていくには窓をどのような形・大きさ、さらにはどこに設置するかがとても重要となってくるのです。窓にはそのような形や大きさ、開き方などによって非常に多くの種類がありますが、今回は株式会社ハウジングアーキテクト建築設計事務所が手がけた建物を通じて、設置場所で見る窓の種類について見ていきたいと思います。

掃き出し窓

設置場所別に窓を見ていく中で、まず紹介するのが「掃き出し窓」です。これは、床面まである窓のことで、このタイプの窓を通して室内外を行き来することができる開口にもなります。床面から天井近くまである大きな窓に自然となることから、採光性や通風性、さらには眺望の面でも有利となる窓の種類です。縦方向だけでなく、横方向にも大きく窓を開けたいという方は、こちらのように折戸を採用することで、窓を開けた時に開口部を全開できるようにすることも考えてみるといいでしょう。

腰窓

次に紹介するのが「腰窓」です。これは、丁度立った時に腰辺りに窓台がある種類となります。腰の高さ辺りから窓がはじまるので、子どもが外に出てしまうようなことのない安全な窓とすることができますし、窓の下の壁に合わせて家具を置くことができるようなフレキシブルな間取りを可能にしてくれる窓の種類でもあります。あるいは、こちらのように窓の下の空間を収納スペースとして有効活用することもできるでしょう。

▶「住まいの写真」ページでは様々な種類の窓を紹介しています。◀

の写真ページ


高窓

「高窓」も特徴的な設置場所の窓の1つです。これは、天井近くといった高い場所に設けられる窓になります。目線よりも高い位置に窓が設置されることから、隣家や外を歩く人と視線が交錯しないようなプライバシーを確保してくれる窓です。採光性についてはもちろん、重力換気の利用にもつながる通気性の高い窓にもなってくれます。こちらのように、吹き抜け空間の壁に設けることで、この空間をより明るく開放的な家の中心的な場所としてみてもいいかもしれません。

天窓

「天窓」とは、「トップライト」とも呼ばれますが、屋根に設置される窓の種類になります。屋根に穴を開けてつくられる窓であることから、施工がしっかりなされないと雨漏りの可能性が高まってしまうタイプですが、東京都品川区という建物が密集する地域に建つこちらの住まいのように、周囲を建物で囲まれても天窓であれば光を取り込むことができますし、プライバシーを気にすることなく設置することができます。また、屋根にある窓なので、防犯性でも有利となるでしょう。

【天窓については、こちらの記事でも紹介しています】

天窓を取り付ける前に知っておきたい基礎知識

視線の抜ける窓

最後に、窓の設置場所を考えていく上でポイントとしていきたいことを紹介しておきましょう。それは、視線の抜ける窓にしていくことです。明るく開放的な住まいにしていくとなると、単純に窓を大きくして外からの光を多く取り込めるようにしていくことを考えるでしょう。もちろん、それでもいいですが、大開口にすれば外からの視線が入ってきやすくなるなどの注意する点も出てきます。そんな時に、こちらの住まいのように視線が外へと抜けていき、空間に広がりが感じられる窓配置を考えていけば、それほど大きな窓にすることなく開放的な室内空間をつくり出すことができます。

株式会社ハウジングアーキテクト建築設計事務所が手がけた建物はこちらでも紹介しています

株式会社ハウジングアーキテクト建築設計事務所


あなたはどこに窓を設けたいですか?コメントお待ちしています!
FingerHaus GmbH - Bauunternehmen in Frankenberg (Eder)が手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!