横山町のいえ: 安江怜史建築設計事務所が手掛けた家です。

母屋に向き合う小さな家

kiyohide.hayasi –  homify kiyohide.hayasi – homify
Google+

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

家は様々な形で建てられることになります。多くの場合は何も無いところに新しい家を建てます。ですが中には母屋を残して、離れだけを解体して家を建てることもあるでしょう。今回紹介するのも、そんな住宅です。ここでは単なる新築の家としてだけでなく、残された母屋との関係を考える必要がありました。こうした住まいがどのようなものになったか早速見てみることにしましょう。

母屋と向き合う家

今回紹介するのは安江怜史建築設計事務所が手がけた家です。それが建てられたのは愛知県の住宅地。敷地には母屋と離れ、そして納屋がありました。今回家を建てる際に考えられたのは、離れと納屋を取り壊して新しい家を建てること。そのため小さな庭を挟んで母屋と新しい家が向き合うことになります。そこで、こうした立地を考えた家が建てられることになりました。

シンプルかつ個性を感じさせる外観

建てられたのは木造平屋建ての小さな住宅。その外観はとてもシンプルなもので箱型の建物に三角の屋根が載せられています。黒い外壁の上にあるのは大きくくり抜かれた四角の穴。そこから建物の中の様子を見ることができるでしょう。建物の形はとてもシンプルですが、黒一色にまとめられた外壁や、窓型にくり抜かれた穴は強い個性を感じさせてくれます。

個性的なリビングルーム

リビングルームにあるのは個性的な空間。それを印象付けるのは土間です。それは一段低くなっており、他とは違った空間が広がっています。こうした土間は強い個性を感じさせますが、需要な役割を果たすことになります。それは広がりを感じさせること。リビングルームとその隣にある玄関部分の間には建具がありますが、それを開放すると2つの空間は土間を通じて繋がります。そのためリビングルームは玄関の空間と一体化します。そしてここでは広がりを感じることができるのです。

リビングルームに置かれた薪ストーブ

このようなリビングルームで大きな特徴となるのは、そこに設けられた薪ストーブ。それは炎の熱で家全体を暖めてくれます。リビングルームには土間が広がっていますが、薪ストーブの前にはソファーが置かれており、その暖かさを楽しめる場所となります。そのため、ここでは暖かな雰囲気を楽しみながら、気持ち良く時間を過ごすことができるしょう。

母屋と繋がりが感じられる住まい

家の中にはキッチンとダイニングルームが作られています。このような部屋を明るくするのは多くの窓。それは母屋に向かって取り付けられています。そんな窓が果たす役割は外から明かりを取り込むだけではありません。窓からは母屋の様子が見れるようになっています。そのため、ここで暮らせば、常に母屋との繋がりを感じることができるのです。このように本住宅では母屋の横に建てられるという立地を考えて、2軒の建物の繋がりを生み出すものになっているのです。

このアイデアブックについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!