狭い空間でも美しく実用的なドレスルームを作る方法

Emi M Emi M
Google+
Loading admin actions …

映画やドラマの中の素敵なドレスルームを見ていると自分の家にも欲しくなりますよね。しかし、現実的にはスペースに余裕はなく、詰め込まれたアイテムは整理整頓されず乱雑… 。こんな状況から抜け出し、自慢できる素敵なドレスルームへと改造するためには、住宅面積を考慮してスペースをうまく活用することが大切です。制約された空間でもインテリアによって感じる広さは千差万別。様々なアイテムをうまく隠しつつ、実用性が高く見た目に美しいドレスルームを作るには、家具の位置や空間の色など基本的な要素を押さえる必要があります。狭くても実用的かつ見た目も魅力的なドレスルームを作る方法を紹介します!

高さを揃え視線を安定

こちらのドレスルームのポイントは、可能な限り高さを揃え視線を安定させる配置が行われていること。そのためとても整理整頓された印象となっています。ドレスルームの特性上、細かい小物や異なる材質や色のアイテムが多いので、その他の要素は全体的に統一された色と質感とし、乱雑さを避けます。白い壁と木製家具はどんなインテリアカラーとも合い、ものが多い空間でも全体をすっきりと安定感のある雰囲気としてくれます。

空間を無駄無く使うカスタム収納

多くのものを収納しなければならないドレスルームは、スペースを最大限活用できる家具が必要ですが、狭いスペースではクローゼットすら置けないことも。その代わりに活躍するのがカスタム可能な収納家具です。空間の幅や高さに合わせてカスタムし、天井まで無駄無く収納スペースとしましょう。壁面はビルトインの収納を作ってさらに効率的に。色や丈の揃った洋服は見せる収納に、細かいアイテムや見せたくない服は引き出しに入れるか、カーテンで隠したりバスケットに入れましょう。

効率的な動線作り

Redesign Studioが手掛けたウォークインクローゼット
Redesign Studio

Walk In Closet

Redesign Studio

毎朝服を選ぶのに時間をかけたくない、という場合は壁掛けハンガーを利用した見せる収納にします。組み立てと分解が簡単で、移動も可能、スペースを広く活用できるという長所があり、クローゼットやキャビネットのように体積が大きいために、スペースを狭く暗く見せてしまうこともありません。バッグや靴を収納できる棚を併用し、動線に沿ってインナーからジャケット、バッグ、靴と配置していけば、慌ただしい朝も時間を無駄にせず効率的に動くことができます!

鏡の効果を生かして

鏡はドレスルームに無くてはならないアイテム。全身をチェックするために必要であるというだけでなく、狭くて圧迫感のある空間も広く見せる効果があります。スペースが狭い場合は特に小さな鏡を壁にかけるよりも、思い切って大きなサイズの鏡にすると空間が倍に、しかもショップのようなクールなドレスルームを作ることができます。家具の扉や壁面が鏡になっているものなら、新たに鏡を買う必要はありません。

ゴージャスに見せるアクセサリーボックス

映画やドラマの中のドレスルームには欠かせないアクセサリーボックスは、まるでジュエリーショップのような雰囲気。平凡なアクセサリーもガラス製のアクセサリーボックスに入れると輝きが倍層します!一般的にアクセサリー収納はドレスルームの真ん中に配置しますが、スペースが不十分な場合は隅に配置した方が良いでしょう。ホコリや紛失からアクセサリーを守り、しかもドレスルームの雰囲気を華やかに演出してくれるインテリア小物としても役立ちます。

こちらはスペインのMolins Interiorsによるインテリア。

アクセサリーを飾りながら保管

アクセサリーボックスを置くスペースが無ければ、このように壁面にアクセサリーを飾りながら保管する方法もあります。ポイントは他の部分は可能な限り簡潔にすること。衣類はきちんと収納し、見せたくないものは空間の死角を利用、空間のフォーカルポイントとなるようアクセサリーを配置して視線をうまくコントロールします。アートやハットなどと組み合わせるのも良いアイデアです!

照明で明るく華やかに

Giovani Design Studioが手掛けたウォークインクローゼット
Giovani Design Studio

Гардеробная комната

Giovani Design Studio

華やかなドレスルームにするためには照明が必須です。様々な大きさのキャビネットやクローゼットを併用すると影もできやすくなるので、天井にメインの照明を設置、両サイドにレール照明を使用すると良いでしょう。また、壁に大きな鏡がある、または化粧台がある場合は鏡の両側に照明を設置する方法もあります。カーテンはアイテムの日焼け防止となる厚手のもの、しかし空間の明るさを保つ明るい色のものが良いでしょう。

常に換気!

表面上は美しく見えるドレスルームでも、換気が適切にされていないとカビやホコリで空間が汚染されてしまいます。湿度が高いと服の生地が傷みやすく、カビが発生し臭いがすることも。常に換気を心がけ、湿気が溜まらないようにしましょう。スペースがあればシェルフを設置して湿度をコントロールする製品や、天然の虫除け効果のあるアロマを置くのも良いでしょう。

狭い空間で実用的かつ素敵なドレスルームを作る方法、いかがでしたか?ぜひ感想を教えて下さいね。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!