変形地を生かして個性的に!中庭のあるお洒落で快適な住まい

K.Yokoyama K.Yokoyama
Loading admin actions …

今回ご紹介するのは、変形地を上手に生かして建てられた個性的でお洒落な住まいです。住宅のレイアウトを工夫することで、外観がモダンなだけでなく、美しい中庭があり開放感のある住み心地の良い家が実現しました。静岡を拠点に活動するヒロノアソシエイツ一級建築士事務所によって手掛けられたこの住まい、一体どんな様子になっているのでしょうか?さっそく詳しく見ていきましょう!

変形地に建つ個性的な住まい

住まいのクライアントさんは若いご夫婦。変形地となっている敷地を上手に利用して快適な住まいを、というご夫婦の願いを叶えるべく、建物はコの字型にして中庭を設けた作りとなっています。外壁に囲まれていますが、住まいは個性的なフォルムをしているのがよく分かります。夕暮れ時、住宅を囲む塀のドットや四角形の開口部、柵の隙間から明かりがもれて美しい佇まいとなっています。

変形地によって印象の代わる外観

こちらは駐車スペースと玄関ポーチのある北側の外観です。先ほどとはずいぶん印象が違って見える上に、変形地であることによって住宅デザインもイレギュラーとなっていることがよく分かるような外観です。しかし、このように住まいのフォルムは個性的ですが、外壁にはナチュラルカラーを用いて周辺の景色にも違和感なくなじんでおり、全体的には優しい雰囲気が漂います。右側には隣の家が密接して建っているのが見えます。

中庭の見える玄関ホール

こちらは玄関の様子です。落ち着いた色味で統一されていますが、床や壁に質感の異なる素材を使うことで空間に変化が生まれ、シンプルながらもお洒落な印象になっています。奥のフローリングのラインに沿って視線を奥正面に向けると、そこに見えるのは住まいの中庭。どの部屋からも眺めることが出来るというシンボルツリーのヤマボウシが、家族の帰りを毎日優しく迎えてくれます。目の前に抜け感や奥行きのある空間が広がっていることで、視覚的にもより室内が広々として感じられます。

吹き抜けによってつながる1階と2階

住まいは、1階と2階が階段の設置されている吹き抜けによって空間的につながっています。また、壁をあまり設けないように作られているため、住まい全体がワンルームの様に広々としています。インテリアも、白を基調とし木のフローリングが敷かれるというシンプルな作りで、余計なものがない分、今後の家族のライフスタイルの変化に応じて、例えば子供部屋や多目的室等、いろんな用途で使えそうな空間となっています。1階と2階がつながっていることで、どこにいても家族の気配を感じることが出来て安心感がありまね。

さわやかなブルーが空間のアクセントに

吹き抜けの階段を上り、正面に見えるのは2階にあるリビングです。中庭の大開口に面しているため明るく開放感がありますね。壁に使われている青色は、クライアントさんが好きなイギリスの陶器メーカー「ウエッジウッド」のブルーをイメージしたもの。空間のアクセントカラーとなっていてさわやかな印象です。

2階のダイニングスペース

こちらは2階のダイニングスペースの様子。奥にはキッチンがあります。このダイニングにも、開口からの十分な明るさや開放感がもたらされ、快適な空間となっています。中庭や屋外の様子ものぞめるので、食事中も外の景色を身近に感じることが出来るのも嬉しいですね。変形地という敷地の難しい条件をポジティブに利用して実現した個性的で快適なこの住まい。変形地で家作りを考えている方には大いに参考になるのではないでしょうか。

変形地を生かした個性的な住まいについて、いががでしたか?コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けた家

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

無料相談する

住まいのデザインを見つけよう!