秋谷海岸の家: 森林・環境建築研究所が手掛けたリビングです。

和風建築と洋風建築のメリット・デメリット

林 直樹 林 直樹
Loading admin actions …

和風建築と洋風建築、どちらを建てるかで悩んでいませんか? せっかく日本に建てるのだから和風で、と考える方もいると思いますし、西洋の建物に憧れがあって洋風で建てるというのも間違いではありません。ではその違いとはなんでしょうか。近代建築においては厳密な違いは薄れてきていますが、より原理的には全く異なります。そこでこの記事では、2つのスタイルのメリットデメリットをご紹介します。

和風建築のメリット1

築100年を超える雨屋の改修: STUDIO POHが手掛けた家です。
STUDIO POH

築100年を超える雨屋の改修

STUDIO POH

和風建築の良いところは、何といっても日本人の住み方にあっているところではないでしょうか。例えば、軒下の空間はその土地土地にあった使い方があり、寒い地域では雪などが部屋に入ってこないようにしたり、夏の暑い時季にあわせてつくった家では風通しと西日を遮るようなものであったり、他にもコミュニケーションの場所としても使われたりしました。「ハレとケの空間構成」(日常と非日常の空間構成)は、まさに客人をもてなす気持ちが生かされた空間構成といえるのではないでしょうか。和風建築のメリットとは、日本人の古くからもつ文化に根付いているから、と言えるのではないでしょうか。写真はSTUDIO POHの築100年を超える雨屋の改修。

和風建築のメリット2

近代の和風建築では、日本人の生活文化に根付いたものをさらに現代風にアレンジしています。たとえば昔の床に座る文化から椅子に座る文化になったことでは、畳だけではなく板張りの床を採用し、昔よりもさらに天井高を取ることで、椅子や立ち仕事でも圧迫感を感じないような空間づくりの工夫が感じられます。また、自然素材の良いところを取り入れることも魅力のひとつではないでしょうか。たとえば障子はカーテンとは違い外の光を遮断するのではなく、柔らかく取り込むために和紙を使い、木材の仕上げは手になじむような質感に仕上げられていたりなど、細部から自然素材と共存してきたことを感じることができるのではないでしょうか。

和風建築のデメリット

一方で和風建築のデメリットといえるポイントは、地震の多い日本ではこれまで以上に耐震性能を求めるようになったことではないでしょうか。たしかにきちんと構造設計をしており、建築基準法を満たしていれば木造・鉄骨造に関わらず耐震性能はあります。しかし木材はひとつひとつ異なるので、きちんとした大工など業者の質によると主張する大工さんもいらっしゃいます。きちんと設計上の耐震基準で建てる技術が必要になるということです。また一般的に水回りの劣化が早いと主張する業者もいますので、家を建てる際に一考してみても良いかもしれません。

洋風建築のメリット1

INTERAZULEJOが手掛けた家
INTERAZULEJO

Gres porcelánico modelo PIASENTINE

INTERAZULEJO

洋風建築のメリットは、大胆な構造と余裕のある広い空間ではないでしょうか。室内でも靴で生活する文化であることが多いため、空間の中と外がシームレスに繋がり、日本人の感性とはまた異なる生活文化を感じることができるでしょう。他にも、素材に着目してみても、木材も使いますが、どちらかといえば石やコンクリートなどを多用し、どっしりとした重厚感のある外観もその特徴ではないでしょうか。近代以降では構造に縛られることなくより自由なデザインをすることができたため、ひとつひとつの空間が大きく力強い印象を持つでしょう。

洋風建築のメリット2

Reggiani Davide Architettoが手掛けた家
Reggiani Davide Architetto

Vista dell'angolo cottura

Reggiani Davide Architetto

室内に目を向けてみると、今の日本の住宅とさほど変わりがなさそうに見えますが、たとえば天井が広くとられいたり、家具ひとつひとつも大きく、家具のレイアウトにも余裕があります。洋風の建物でインテリアは、リビングなどの人が集まる部屋のスケールを大きくとる傾向がありますので、ラグジュアリーなソファーやランプなど、空間をよりよく演出するための家具が多く取り揃えられます。床に注目すると、靴での生活なので、石板やタイルなどひんやりとした素材が多く使われる傾向があります。大胆な空間構成ではメリットがあると言えるのではないでしょうか。

洋風建築のデメリット

Nash Baker Architects Ltdが手掛けた家
Nash Baker Architects Ltd

The Exterior ​of the Mansfield Street Apartment.

Nash Baker Architects Ltd

西洋建築を建てる時の難しさは、外観やスタイルが定着してしまっているので、大きな変更が難しいということです。建築自体にも、スタイルにはルールがありそれを厳密に守らないと西洋風の建物になりません。また日本で西洋風に建物を建てようとした場合、都市景観にその雰囲気が馴染まない可能性が高く、結果ハリボテみたいな印象を拭えません。家を建てる時、和風、西洋風とどちらにするか迷うと思いますが、まずは自分のライフスタイルや趣味嗜好に合わせたスタイルを考えた上で、決めた方が良いといえるでしょう。決して他のコピーではなく、オリジナルのスタイルを確立させてください。他の参考になる記事はこちらから。

こちらの記事でも、メリットとデメリットを比較しています

※ 知っておきたい!いま流行りの土間のメリット・デメリット

※ アイランドキッチンの押さえておきたいメリット・デメリット

※ 床下収納のメリット・デメリットまとめ集

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀
募集ページはこちら

いかがでしたでしょうか。皆さんの感想お聞かせください。コメントお待ちしております。
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!