プライバシーを確保しながら室内を明るく快適にしてくれる窓のアイデア

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。

プライバシーを確保しながら室内を明るく快適にしてくれる窓のアイデア

Takashi Sasaki Takashi Sasaki
明るいリビングと大きな吹抜けのある家: KAWAZOE-ARCHITECTSが手掛けた寝室です。
Loading admin actions …

リビングに大きな窓を開けて、太陽の光や外からの風が入ってくるような明るく心地の良い住まいにしたいと思う方も多いと思います。しかし、特に建物が密集する地域など街中に家を建てる場合、そのような大きな窓では隣家や前の通りから人の視線も入ってきてしまいます。そんな時は、そのまま窓を開けるのではなく、プライバシーを確保しながら室内を明るく快適にしてくれるような工夫も凝らしてみて下さい。今回は、河添建築事務所が手がけた建物の通じて、そうした窓のアイデアを紹介していきましょう。

高窓

コンパクトで回遊性のある家: KAWAZOE-ARCHITECTSが手掛けたキッチンです。
KAWAZOE-ARCHITECTS

コンパクトで回遊性のある家

KAWAZOE-ARCHITECTS

建物が密集するような地域では、窓からの眺望の良さが求められることはあまり多くないと思います。そうであれば、窓の位置を天井近くの高い場所にして、外からの視線が室内に入ってこない方法が非常に有効となります。いわゆる高窓になりますが、これによってプライバシーを確保しながら十分に光を取り込めると同時に、開閉式にすれば風を室内に取り込むこともできます。さらに、こちらの住まいのようにキッチンなど通常の窓を設置しづらい場所でも高窓であれば設けやすいため、家づくりにおいて窓の開け方の選択肢を大きく広げてくれる窓でもあります。

こちらのスペースは河添建築事務所が手がけた「コンパクトで回遊性のある家」です。

地窓

玄関ホールの地窓: KAWAZOE-ARCHITECTSが手掛けた廊下 & 玄関です。
KAWAZOE-ARCHITECTS

玄関ホールの地窓

KAWAZOE-ARCHITECTS

天井近くにある高窓とは反対に、床近くに開ける地窓を取り入れることもおすすめです。高窓と同様に、外からの視線が入りにくく、光や風は取り込んでくれる窓となってくれます。地窓と高窓を組み合わせれば、重力換気の仕組みを利用して効果的に換気、風を取り込める住まいとすることもできます。高窓とは違い、地窓近くの屋外は見えるため、こちらのように植栽を窓近くに設けることで、爽やかな雰囲気を室内に取り入れてみてはいかがでしょうか。

こちらのスペースは河添建築事務所が手がけた「河川敷沿いに建つ平屋の二世帯住宅」です。

窓の位置・形の工夫

明るいリビングと大きな吹抜けのある家: KAWAZOE-ARCHITECTSが手掛けた寝室です。
KAWAZOE-ARCHITECTS

明るいリビングと大きな吹抜けのある家

KAWAZOE-ARCHITECTS

高窓や地窓でなくても、少し窓の位置・形を工夫するだけで、外からの視線が室内に入ってこない開口とすることもできます。これは周囲の環境や家の形などにもよりますので、すべての住まい、すべての外壁の窓に当てはめることは難しいですが、条件が揃えば、窓の位置を少し横にずらしたり、窓の幅を狭めたり、横長にしていくことで、プライバシーを確保しながら室内を明るくしていくことができます。こうしたことも含めて、建築家とよく相談しながら窓の位置や形といった窓の開け方も考えていきましょう。

こちらのスペースは河添建築事務所が手がけた「明るいリビングと大きな吹抜けのある家」です。

スリット状の目隠し

平屋の二世帯住宅のライトアップ: KAWAZOE-ARCHITECTSが手掛けた家です。
KAWAZOE-ARCHITECTS

平屋の二世帯住宅のライトアップ

KAWAZOE-ARCHITECTS

窓自体を工夫していくだけでなく、窓の外側や内側に工夫を凝らしていくことも考えていきましょう。その1つの方法が、こちらの住まいのように窓の外側にスリット状の目隠しを設置することです。目隠しにスリットが開いていることで、外からの視線を柔らかくカットしながらも、光や風は内側に取り入れることができます。家の外観デザインとしても洗練されたおしゃれな雰囲気を演出してくれるため、室内からだけではなく、家の外側からの見え方も確認しながら取り入れてみて下さい。

こちらのスペースは河添建築事務所が手がけた「河川敷沿いに建つ平屋の二世帯住宅」です。

カーテンの工夫

窓の内側になるカーテンの種類についても少し考えてみて下さい。カーテンとしてはドレープカーテンが一般的ですが、その他にも種類はたくさんあり、またブラインドまで含めて選んでいくとより選択肢も広がっていきます。掃き出し窓のような大きな窓におすすめの1つがバーティカルブラインドです。これは、羽根が垂直方向にあるブラインドであるため、ブラインドを閉めていても室内外の出入りがしやすいですし、先程のスリット状の目隠しのような働きも果たしてくれます。

こちらのスペースは河添建築事務所が手がけた「KK-HOUSE」です。


あなたはどんなアイデアを取り入れてみたいですか?コメントお待ちしています!
FingerHaus GmbH - Bauunternehmen in Frankenberg (Eder)が手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか?
ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!