建物の北側に配置された中庭とシンボルツリー: 一級建築士事務所A-SA工房が手掛けた庭です。

コの字型に配置された3つの箱と中庭からなる平屋の住まい

Michi Koba Michi Koba

見積りのリクエスト

「送信」ボタンをクリックすると、プライバシーポリシーを読み、上記に記入した情報が私の要求のために処理されることに同意します。
注: privacy@homify.com にメールを送ることで、この同意を取り消せます。
Loading admin actions …

つながりを感じられ暮らしやすいといわれる平屋建ての住まいですが、全ての部屋が1階に位置することになるため、プライバシー確保や採光確保の面で配慮が必要な場合もあります。一級建築士事務所A-SA工房が手掛けたこちらの住まいではコの字型に配置された居住空間に中庭が囲まれるというプランによってプライバシーの守られた明るい住まいが実現しています。では早速見て行きましょう。

​コの字型に配置された3つの黒い箱

敷地はいわき市の住宅街の南西角地に位置します。日当たりが良い好条件な立地ですが、プライバシーに配慮が必要な場所でもありました。そこで周囲に対して程よく閉じた建物を道路側に、庭を北側に配置しています。建物全体としては3つの黒い箱が隙間やズレを作りながらコの字型に配され、その箱に囲まれた部分に中庭のある平屋建ての住まいとなっています。真っ青な空と緑化された建物周囲の緑が黒いボリュームに映え、美しいコントラストを生み出しています。

​ゆったりとした中庭

建物の北側に配置された中庭とシンボルツリー: 一級建築士事務所A-SA工房が手掛けた庭です。
一級建築士事務所A-SA工房

建物の北側に配置された中庭とシンボルツリー

一級建築士事務所A-SA工房

6m×10mと広々とした中庭。周囲からの視線を気にせずゆったりとリラックスした時間を過ごすことができる外部空間です。プライバシーの確保された空間なので大きな開口を設けて、内部とのつながりのある一体的な空間として使用することが可能です。十分な通風や採光が確保できることはもちろん、キッチンからは子供部屋を含め家全体を見渡すことができ、家族がお互いの気配を感じあえる空間となっています。

​家族が生き生きと過ごせる多様性のある空間

メリハリを生む高さの変化: 一級建築士事務所A-SA工房が手掛けたリビングです。
一級建築士事務所A-SA工房

メリハリを生む高さの変化

一級建築士事務所A-SA工房

平屋と聞くと、縦方向への広がりや変化に乏しいと思われる方もいるかもしれません。こちらの住宅では、建物を構成する3つの箱はそれぞれ異なった屋根勾配を持ち、天井の高さも多様に設定されています。このことによって各部屋に適した高さや広がり、空間の雰囲気が生み出され、さまざまな場所性を感じることができます。こちらの居間部分では、天井を南に向かって緩やかに上昇させ、また眺望の良い大きな窓をもうけることで、空間に広がりがもたらされています。

​フレキシブルな子供部屋

家族の成長に合わせ変化する子供部屋: 一級建築士事務所A-SA工房が手掛けた子供部屋です。
一級建築士事務所A-SA工房

家族の成長に合わせ変化する子供部屋

一級建築士事務所A-SA工房

子供部屋は手前に位置する今や奥の主寝室、そして中庭とダイレクトにつながる空間です。将来的には間仕切りを設け各個室とすることができるよう計画されています。子供の小さなうちはこのようにオープンスペースとすることで将来廊下となる部分を含め、空間をゆったりと使うことができると同時に、常に親の目の届く場所で遊ばせることができます。

​メリハリのある空間づくり

畳の間は敷地の北側に離れのような空間として配されました。そしてこの部屋に入るには半外部のデッキを通り、にじり口を潜るそうです。他の部屋とは若干趣を異にし、ちょっとした非日常性を演出することで、部屋に入るだけで気分転換できるような空間づくりが図られています。

【平屋については、こちらの記事でも紹介しています】

※ 平屋の魅力まとめ6選   

※ 平屋と2階建て、どちらを選ぶ?   

▼homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!▼   

募集ページはこちら

コの字型に配置された3つの箱と中庭からなる平屋の住まいについて何か感じることはありますか?ぜひコメントを書いて下さい!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!