リビング: 氏原求建築設計工房が手掛けたリビングです。

1000万円台で実現!老後を楽しむ平屋のローコスト住宅

K.Yokoyama K.Yokoyama
Loading admin actions …

みなさんは、老後の生活について考えたことはありますか? 今回ご紹介するのは、老後を楽しむための住まいとして、1000万円台で建てられた平屋のローコスト住宅です。随所に多くの天然素材が使われ、構造もバリアフリーで快適な住まいとなっているのが特徴です。「終(つい)の住まい」と名付けられたこの家、手掛けたのは東京を拠点に活動する氏原求建築設計工房です。一体どんな様子になっているのでしょうか?さっそく詳しく見ていきましょう!

老後を楽しむための平屋

こちらは住まいの東南側の外観です。切妻屋根にトップサイドライトがついたフォルムに、モノトーンで落ち着きのあるシンプルな平屋となっています。他にもたくさんの開口が設けられ、十分な明るさと気持ちのいい風を室内へと取り込みます。クライアントさんが老後を楽しむ住まいとして建てられたこの家ですが、将来は家族の住宅としても考慮されているそうです。

1000万円台のローコスト住宅

こちらは玄関のある東側の外観です。シンプルに見えますが、よく見てみると例えば開口部が出っ張っていたりと、少しデザインに変化があるのが分かります。この住まいの建築費は、厨房器具や家具も込みで1240万円。なんと1000万円台で実現したローコスト住宅となっています。広さ約70㎡でワンルームに近い間取りとなっている、木造平屋のバリアフリーな住まいです。

天然素材の優しさを感じる室内空間

住まいの床や天井には杉板、壁には和紙と、仕上げ材の多くに天然素材が使われています。それによって雰囲気だけでなく、体にも環境にも優しい快適な住まいとなっています。そしてこちらは天井が高く広々としたリビングの様子です。中央に設けられたトップサイドライトは、室内に明るさを届けたり、夏の間は熱気を外へ逃がすことにも利用されます。出窓の様になっている開口部分にはちょっとしたベンチを設け、腰かけて外を眺めたり、飾り棚としても利用出来そうですね。

ワンルームに近い室内

広めのリビングは寝室と続いており、必要であれば区切ることが出来るようになっています。この住まいの間取りはこのリビングを中心としたワンルームに近く、一周できるような構成。たくさんの収納も備え付けられています。バリアフリーなので各部屋の行き来もスムーズ。赤い壁部分は引き戸となっており、洗面等水廻りスペースへと続いています。

コンパクト&シンプルな使いやすいキッチン

こちらはシンプルでコンパクトにまとまったキッチンスペースです。クライアントさんは現在一人暮らし。十分な収納力のある造り付け家具も備え付け、使いやすさと動きやすさを優先して作られています。さらに、収納部分の柔らかいイエローの色味が空間のアクセントとなって、デザインとしてもお洒落な雰囲気ですね。

老後も安心のバリアフリー

こちらは洗面や浴室等の水廻りスペース。大きめな1ルーム形式をとっており、バリアフリーで万が一車椅子での生活になっても対応できるように備えてあります。リビングのように、この水廻りスペースも木の質感が優しく温かみを感じる空間となっているのが素敵ですね。いつ何が起きても、慌てることなく安心して暮らせる老後の家をローコストで叶えたこの住まい。これからの高齢化社会に向けて、家作りの際の大きなヒントになるかもしれません。

【ローコスト住宅については、こちらの記事でも紹介しています】

※ 1500万円でも家は建てられる!ローコストの家5軒!

※ 2000万以下で建てられた家5軒!

▶homifyで建築家を探してみませんか?無料で使える募集ページで見つけましょう!◀

募集ページはこちら

老後を考えた平屋のローコスト住宅について、いかがでしたか?コメントをお待ちしています!
FingerHaus GmbHが手掛けたプレハブ住宅

住宅建設や家のリフォームをお考えですか? ぜひご連絡下さい!

住まいのデザインを見つけよう!